_ADMIN

- 「日々の戯言」 -

過去ログ
2001 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 21                     
2002 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2003 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2004 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2005 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2006 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2007 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2008 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2009 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2010 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2011 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2012 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2013 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2014 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2015 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2016 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2017                            3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21




>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh Watch : 【北京】調査で小中学生は法律の基礎知識が乏しいと判明(改訂版) 2001/10/10 02:10
日々の戯言 Watchのコーナー
すいません法律よく知りませんので、今回は、ソースは確かですが、コメントはいつにも増して確かではありません(笑)
北京市崇文区の小中学生400人を対象に最近実施された法律の常識問題に関するアンケート調査で、子供たちの法律の基礎知識が乏しいことが判明した。
中国は小中学生も法律を知らないといけない国のようです。法律を知らない小中学生は小中学生失格のようです。法律を知らない子供たちはみんな法律違反で逮捕されてしまうかもしれません。子供たちはみんな法律を常識のように当然知っているという、子供たちに大きな期待を寄せる中国です。大国でも中国です。


意外なことに回答者の37.5%が政府は審判機関と答えた。
政府は、まあ、えーと、何ていうんでしたっけ、あの、その、政府は・・・ 行政機関です。合っているのか間違っているのか、そこはかとなく微妙な回答をしてお茶を濁します。お茶はもとから濁っています。濁らないように葉っぱを全部こして取り去ったお茶は茶柱が立たないのでだめだと思います。こうやって話題をそらそうとする私はもう立派な大人です。
私の答、合っていると思うんですが、何か他に言葉があったような気もします。こんなちょっとした戸惑いを見せる私は中国ではきっと逮捕です。


治安管理処罰条例の関係規定をよく知らない生徒もおり、
条例を知らないと小中学生以下らしいです中国は。日本で言えば、地方の青少年保護育成条例レベルなんじゃないんですか? え? 私? 当然知ってますよ。青少年保護育成条例は重要ですよ。むしろ必須ですよ。これを知らないと安心して「あいぼん萌え」「女子中学生万歳」とか言えないじゃないですか。そう、必要なんですよ、私には。
青少年保護育成条例を知っている、むしろ研究している私は、この点では中国では逮捕されないようです。やったネ!


56%が14〜18歳の青少年は治安管理処罰条例に違反しても処罰を受けないと答えた。
その何とかいう条例で未成年もホントに逮捕されちゃうようです。日本の少年法みたいなものはないようです。
日本に少年法がなかったとして、これを日本の青少年保護育成条例にたとえて言うとこうなります。日本で男子中学生と女子中学生が愛しあってこういわゆる「C」(古っ)まで行っちゃったとしますよ? 若気の至りですよ? で・も・ね、逮捕です。愛しあった二人は逮捕です。真実の愛を、こんな若くして見つけた幸せな二人なのに、逮捕です。「ああ・・・ 愛ってこんなに気持ちいいものだったのね・・・」とか息を乱して幸せにひたっているその最中に、踏み込まれてその形のまま逮捕です。


中国4,000年、玄宗と楊貴妃は有名ですが、司馬相如と卓文君、林黛玉と賈宝玉、梁山伯と祝英台などなど、数多く愛はあれど、今の中国では、真実の愛への道は遠いのか、と、ちょっとブルーになった秋の夜更けでした。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh 本日の事務員のお姉さん 2001/10/09 18:31
日々の戯言 最近ほんとに虐げられてます・・・
湿布を6枚背中に貼っていると体温が奪い取られるような気がします。ていうか奪い取られています確実に。ほんとうは、風邪を治すために暖かくしたいのです。でも背中と肩が痛いのです。
今、私は、風邪と背中・肩・腰のどちらを取ればいいのか、ということで悩んでいます。相当に悩んでいます。真剣な面持ちで悩んでいます。眉根を寄せて悩んでいます。今日の昼ごはんをサンドイッチにしようか焼きうどんにしようか悩んでいたのと同じくらい、深く真摯に悩んでいます。


「ヘンなことで悩んでないでくださいよ〜」

あ、事務のお姉さん。久しぶりですね。相変わらずぽやぽやした声でかわいいですね。
ちょうどよかった。これFAXしておいてくれませんか・・・

「うえ〜。ちょっとシップくさいから寄らないで〜」

がぁん。そういえばこのシップは無臭ではなかったですね。

「デリカシーがないです〜」

そうは言っても、一応これインドメタシン配合で効くらしいんですから。
ていうか、仕事なんですからFAXお願いしm

「いやぁ近づかないで〜!」

・・・そ、そんな邪険な。
しょうがないじゃないですかシップしてないともはや座るのもきつい状態なんですから。

「だってくさいものはくさいです〜。」

じゃあ、ここに書類置いておきますから、私が離れたら、持ってってFAXしてくださいね。

そんな恐る恐る近づかなくても・・・
あ、書類をつまむなんて!
何で送った後にすぐに洗面所行くんですか?

「だっておやじくさい〜」

ぐはっ・・・

「シップ貼って会社来るなんて完全におやじですよ〜」

し、しょうがないじゃないかぁ。

「そういう考えがおやじなんです〜。そうやって自分のことを意識しなくなってくのがおやじ化の第一歩なんですよ〜」

い、痛いですね。
じゃあ、シップは取った方がいいと。

「あたりまえです〜」

その代わり痛くなってきたら帰りますので、あとの仕事はよろしくね。

「じゃあ取らなくていいです〜」

ひ、ひどい・・・
私がおやじになってもいいんでs

「ぜんぜんいいです〜。だって関係ないもん」

ああ・・・ 涙が出てきました。
あなたぽやぽやしてるけど言うことはきついですね。

「あ、ようやくわかりました〜?」

え? そうなんですか?

「そうですよ〜。あたしよくきついねって言われます〜」

そ、そうですか。

「でも、バカをバカって言うどこが悪いんですかね〜? そんなの自分がバカなのが悪いんじゃん、って思いませんか〜?」

・・・気をつけますです。はい。

「気をつけてくださいね〜。こんなのまだ序の口ですからね〜」





脅されてしまいました。
明日からかなりびくびくした毎日になりそうです。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh 日々の幸せ不幸せ 2001/10/09 01:17
日々の戯言 何気ないことにも幸せや不幸せがあります
ちょうど今さっきのことだったんですけど、友人が私に、「マルボロメンソールが長くなった」と電話をかけてきました。本当にそれだけでした。それだけ伝えて電話を切る友人を持って、私は幸せでした。どれくらい幸せだったかというと、もう平べったくなった歯磨き粉のチューブから、45秒くらい苦労して歯磨き粉を1回分ひねり出すことが出来た時より上で、3回ほどやり直した後に、ゴミ箱に投げた紙くずがゴミ箱の側面に触れることなくスパッと入った時よりは下、そんな幸せでした。


それで、長くスリムになったマルボロメンソールを見たくなって、外に出たんです。8階からエレベータで降りて、マンションの長い廊下を抜けると、外は雨でした。しとしとと降り落ちる雨粒が冷たく、深まる日本の秋の風情を感じることができて、私は幸せでした。どれくらい幸せだったかというと、顔も見たくない友人から来たお年玉はがきで4等を当てた時より上で、人前でけつまづいて転んでしまった目の前に50円玉が落ちていた時よりは下、そんな幸せでした。


近くの自動販売機にはまだ入荷していなかったので、しかたなくコンビニに行きました。マルボロメンソールを吸わない私は、買うのではなくただそれを見たいだけなのです。でも、あいにく煙草はレジの奥にあります。勇気をふりしぼって、店員さんに「すいません。マルボロメンソールのロングを見せてくれませんか」と訊いたら、やや不審な目で見せてくれて、私は幸せでした。どれくらい幸せだったかというと、足がつりそうになりながらも、足の指でテレビのリモコンのボタンを押してうまくチャンネルを変えられた時より上で、サビの部分で声が出なくなっていることが分かりつつ、お風呂の湯船につかりながらしっとりとしたバラードを歌いきった時よりは下、そんな幸せでした。


なるほどマルボロメンソールの箱が大きくなっている、としっかり見て、さわり心地もベタベタと何度も持ち替えて十分確かめました。さあ店員さんにこれを返そう、と思ったら、いつのまにか私の後ろに順番待ちの列ができていました。やむをえず、店員さんに「あ、これください」と言うはめになってしまい、私は不幸せでした。どれくらい不幸せだったかというと、雨の中こうやって半袖のTシャツで出てきてしまい、治りきってない風邪が悪化しそうな予感がしている時より上で、今この文章を書いていて「オレはいったい何やってたんだろう・・・」とヘコみながら、机の上の吸うことのないマルボロメンソールを眺めている時よりは下、そんな不幸せでした。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh UFOキャッチャー 2001/10/08 07:29
日々の戯言 いまだにUFOキャッチャーに夢中です
Kanonのディスプレイプレート全5種類を6回のトライでALLGETした私は神に近いかな、と素で思ったりしてるんです。いや、たった1回しかミスしない私は、むしろ神そのものだと思うんです。UFOキャッチャーに君臨する神です。UFOキャッチャー神です。UFOキャッチャーの動作、設定などを司ります。あまり強くなさそうです。具体的に言えば3ターンくらいで倒されます。「憶えてろぉ〜」という捨て台詞すら言わせてもらえません。雑魚キャラです。


雑魚キャラであっても神であることに違いはありません。ゲーセンで捕まえたかわいい女の子に説法します。できれば彼女は女子高生であってください。むしろ女子中学生であってください。女子中学生であれ! 命令形です。神だからこんな高飛車な命令も可能です。


UFOキャッチャー神の説法は、例えばこんな感じです。
「あ、そこもうちょっと右だったね・・・ 」「惜しいっ! あと少しでゲットできたのに!」「がんばれ! あと200円しかないよ!」
そして、うるさい、と邪険にされます。神という職業も辛いものです。


そうしてやけになって飲んだくれ、場末の酒場で、ゴミ溜めに倒れこんで大きないびきをかいて眠ってしまうのです。
すずめがチュンチュンとさえずって朝になり、ちょっと、と揺すられて私は目が醒めます。ランドセルをしょった女の子が目の前にいます。ランドセルは赤です。黒いランドセルをしょった女の子がいるとがっかりします。素で。


そこで、私はえんえんとその女の子に神の辛さを説明するわけです。何も私だって簡単にUFOキャッチャー神になれたわけではないのです。AIBOのバッタもののキャッチャーに対して16,300円を投入して唇を噛みながらゲーセンを後にしたり、余りにも、余りにも巨大過ぎるStray Sheepのぬいぐるみに21,400円投入して明日からの食費をどうするか真剣に考えたりしたのです。実家にステキにパラサイト♪している私としては食事はどうにかなるので安心でした。ちょっとしたダイエット★と思えば全然心は痛みません。獲物をGETした時に取るリアクションを自室に置いてある全身用の鏡に向って何度も反復して練習し、そんな運動でシェイプ・アップしてより華麗になった私がすぐにそのゲーセンにリベンジしに行くのです。むしろリベンジさせてください。お茶の水の駅前のゲーセンです。オレはおまえを許さない。37,700円返せ。ついでに抱き枕に使った3,500円も返せ。


そんな話を一通り聞くと、女の子は涙を流して私の頭を撫でてくれます。
「・・・かわいそう。でも、がんばってね神様」
けれども、駆け去っていく赤いランドセルの後ろ姿を見て、そこで気がつくわけです。こんな年端のいかない女の子に同情されるとは、神たる資格がない、と。


こうして、私は今日もゲーセンに行くのです。せめて5ターンは倒されないよう自らを鍛えるために。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh Watch : 映画『極道の妻』封切り5日で100万人突破 2001/10/07 18:40
日々の戯言 大ヒット映画ですね・・・ 韓国の記事です
【映画『極道の妻』封切り5日で100万人突破】
ほう、『極妻』ですか。韓国でも上映されたんですね。日本ではだいぶ前に志麻姐さんのシリーズは終わってしまって、高橋礼子の『極妻』が封切りされてますけど、『極妻』が韓国で大人気ということでしょうか。5日で100万人とはなかなかですね。邦画もアジアに行けばまだまだ大丈夫ですか・・・ いえ皮肉じゃありませんよ?


9月28日に公開された映画『極道の妻』が、興行大ヒットの兆しを見せると、とうとう彼女の頬は涙で濡れたのだ。
しかも泣いてます! HITしそうで大泣きです。ていうか彼女って誰よ? 高橋礼子ならまだいいけど、志麻姐さんが泣いてたらイメージ大崩れですよ? ああ志麻姐さん、あなたは毅然としてスクリーンから私たちをにらみつけていてください。その視線が、もう・・・萌え。あはん★


『極道の妻』のヒロイン、【シン・ウンギョン】は、何年かぶりに味わう喜びに涙を流した。
キミ誰だYO! シン・ウンギョンって誰だYO!
はっ、今気付きました。映画のタイトルが、『極道の妻たち』ではなく『極道の妻』になってます。だまされました。額をパチンと叩きたくなるくらいだまされました。鬱打氏脳と思いました。でも志麻姐さん萌え、とかあまつさえ「あはん★」とかイカしたイカれたコメントをつけているこの文章をどうにかしてからじゃないと死ねないと思いました。
というわけで、この韓国の映画『極道の妻』の主演女優は岩下志麻ということで進めていきます。ええ一切の異議反論意見は受け付けません。


このような喜びには、それだけの訳がある。
97年破格的な露出とラブシーンなどで話題を集めた映画『チャン(娼)』を除いては、これといった興行作が彼女のフィルモグラフィーにはない。

97年といったら志麻姐さん『極妻』引退の年です。昭和16年1月3日誕生の志麻姐さん56歳円熟期、です。そんなときに娼婦の役で破格的な露出そして激しい濡れ場を演じていた志麻姐さんにカンパイ! ・・・ウゲェ、ち、ちょっと酔っ払ってしまったようです。


映画の中で部下たちから「兄貴」と呼ばれ、「はさみ拳法」でごろつきの世界を掌握する極道の中間ボスとして強烈なカリスマを表した
「姐さん」です。すぐに訂正しなさい。
しかも「はさみ拳法」の使い手でしたか志麻姐さん。映画の中ではついぞお見せにならなかったようですが、ついに真髄発揮ですね。はさみ拳法・・・ 志麻姐さんがやるのですからきっととんでもない世紀末拳法です。着物を振り乱して立ちはだかる相手を華麗かつ力強く倒していきます。ケンシロウも真っ青です。

◆はさみ拳法の詳細(Googleキャッシュ)◆←真中あたりをごらんください

・・・はさみを振り回すだけでした。ヘコー。


※All Korea注:
この映画のタイトルは、直訳すると「組暴の妻」ですが、日本語として分かりやすく『極道の妻』としました。
また、極道はシン・ウンギョン演じる女性の方であり、結婚相手の男性は極道ではありません。

あっそんな設定を覆すような注意書きを・・・ わざわざ結婚相手の男性が極道ではないと書くのは何か裏がありますね?
ともあれ、タイトルの翻訳、わかりやす過ぎて涙が出ます。ありがとうAll Korea(涙)。


映画の詳細(別ウィンドウに飛びます。読んでね)
シン・ウンギョン、カリスマで武装した「極道の妻」

女極道の親分が 不治病にかかった姉の願いを成し遂げるために、花婿候補を探して、ある平凡な男(朴・サンギュン)と結婚して、体験する左衝右突なハプニングを絢爛なアクションと共に描くが、瞬間的に大それた姿まであらわして、笑いを醸し出す。
つまり、志麻姐さんが、一日に3時間ずつウェイトトレーニングをして鍛え抜いた身体で、特製のはさみを振り回して敵をバッタバッタとなぎ倒し、正面を凝視する時にかもし出される圧倒的なカリスマでやくざ界を制覇するコミカルかつ豪華絢爛なアクション映画ということで、時々何か知らないけど大それた姿にまでなってしまい、最後に幸せに結婚する、という内容でよろしいでしょうか。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh 日常的思考 2001/10/07 07:29
日々の戯言 時刻的にハイです
イェア! ゲリラ的更新です。ゲリラなのです。英語で書くと「guerrilla」です。ニーチェ(Nietzsche)並に余計な文字が多いです。こうやってマメ知識をあなたに供給する知的なBlackAshは今日も元気です。落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。


アメリカのアイダホ州では、未婚の女性との性交渉が発覚すると姦淫罪でMAX4年の実刑になるそうです。その他アラバマ州、アリゾナ州、フロリダ州など実に20の州で婚前交渉に姦淫罪が適用され、場合によっては同棲罪も適用されてしまうそうです。今日、これを知って、すごく慌てました。それはもう慌てました。落ち着こうとして水を飲むため部屋を出る時、ドアに足の小指だけをぶつけてしまうほどに慌てました。なおかつなぜか床に置いてあったバナナの皮を踏みつけてすべってしまい、その時に「うひゃあ!」と声を上げてしまったほどに慌てました。
生まれてこのかた外国に行ったことがない私でさえこれほど慌てるのですから、大学の夏休みを使ってアメリカに旅行に行った学生さんはさぞや慌てることでしょう。ビジネストリップのためにスリー・ピースのスーツを着てビジネス・クラスでアメリカへのフライトをエンジョイしたヤングなエグゼクティヴもすごく慌てることでしょう。


そんな大慌てなあなたにはカモミール・ティー。
カモミールには気分を落ち着かせ、身体をリラックスさせる効果があり、就寝前に飲むと安眠できるといわれています。いわれているだけです。単なる噂かも知れません。そのような噂だけの薬を飲んでしまった私はすこぶる慌てます。慌て過ぎて、かんでいたガムがまだ硬いうちに飲み込んでしまいます。ああチョコと一緒にガムをかんでいればガムが溶けていって自然に飲み込めたのに、と後悔します。こんな混乱した状態でカモミールを見ーると、←こういったくだらないダジャレを思いついてどうしようもなくなります。


そういう時にSMAP中居メンバーのギャグを見ると一気に寒くなって眠りにつくことができる今日この頃。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh Watch : 指の運動が脳を活性化 2001/10/06 16:18
日々の戯言 Watchのコーナー
今回は中国の話題です。国際派のBlackAshです。
例によって、ソースは確からしいですが、コメントは確からしくありません(笑)。
ここ数年、国内外の学者はよく指を動かすことにより脳細胞が刺激され、脳の活性化に繋がるという説を発表している。大脳を刺激するには指を動かすことがベスト。
あのさ、どうせ中国なら、もっと大胆なことをやってほしいと思いませんか。指を動かして大脳を刺激、なんて前々から言われていたじゃないですか。こう、もっと中国4,000年の誇りにかけて斬新な・・・ 例えば「大脳の活性化のためには直接刺激するのがベスト! 中国が独自に開発した、開頭した上での大脳への直接電極刺激術が実践段階へ」とか言い切って欲しいんですが。


効果が上がらない学習や暗記よりも、効率よく指を動かす方は良い。
つまり指を動かしていれば学習したり暗記したりする以上に勉強の効果が出る、ということですね。それで受験とか就職試験とかに合格できるんですね。中国の学習塾の風景が浮かびますね。1限目は五指を縦に動かす方法です。狭い教室にぎっしりと詰め込まれた生徒たちは、両手を前に突き出して一心不乱一意専心に指をピコピコ動かしています。時々、宿題を忘れた子供が、「おまえは指のキレがなっとらん! ちゃんと家で5時間指を動かしてきたか?」とか先生に詰め寄られてうわぁーんと泣いてしまうのです。微笑ましい光景でいいことです。


効果的な指の運動とは(1)なるベく両手を同時に使う(2)指が敏捷に動くようにトレーニングする(3)皮膚の敏感性を保つ。皮膚の感覚が鈍ることは脳の中枢が鈍っていることを意味し、冷水や熱湯で指に刺激を与えるのが望ましい(4)指に多様な運動をさせること
すいません熱湯をかけたら確実に火傷します。そこまでしなければ大脳は刺激されないのでしょうか。むしろ以上の方法を念頭に、独自の某行為つまり単独自家発電行為でも開発した方がいろいろ刺激が与えられていいと思うんですが。
さあここからは応用の民族我らが日本人の出番ですよ? 各自、男女問わず、以上の条件つまり(1)両手同時使用、(2)指を素早く稼動、(3)敏感性を鍛えるため様々な具合を確かめる、(4)一方向ではなく種々の角度で実行する、を満たした自家発電行為の方法を考えて実践してください。あ、熱湯はかけない方がいいと思います。熱いし。
男性用は私が考え実践しますので、女性はあなたが実践した方法を私に教えてください。むしろ実際に見せてください。なおかつ目の前で実践してください。
では、中国で報じられた具体的な方法とはいったいどのようなものなのでしょうか。きっと我々日本人には想像もつかない独創的建設的かつ趣に溢れ洒脱で豪奢な行為が行われているに違いありません。


「健身球(直径2センチ程度の丸い玉)」などで指の運動をするのも良い方法。
・・・何だそれ。失望したよ中国。がっかりだよ中国。先行者を開発したところとは思えないよ中国。
で、「健身球」とはコチラ。明代(1368−1644)から伝わる健康用具だそうです。


ま、まさか・・・ コレを、この球を・・・


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh 女子中学生研究記 2001/10/06 00:07
日々の戯言 ☆モデルは全部女子中学生☆
第二次女子中学生リサーチ作戦
状況を開始せよ
征くぞ
諸君




何だって今さら、しかも最後の部分だけかHellsing!
・・・女子中学生の研究をしようという決意についてこの引用元を全部使ったら、それはもうすごい内容になること間違いなしだからネ♪
語尾をかわいくして良識派を演じます。なるたけさわやかに演じます。でもこれから書くことは女子中学生の研究だったりします。
世の中の清濁を併せ呑むBlackAsh、今日も元気に発信です。


時々私、あいぼん(加護亜依)がなんとかとか言ってますけどさ。
やっぱり、女子中学生を語るのであれば、それ相応の基本を身に付けてから語るべきだと思うのです。彼女たちが普段何を考えているのか、何を着ているのか、どんなアイテムが流行なのか。そういういわば女子中学生の基礎を勉強しておかないと、いざという時に、彼女たちに話し掛け、口説いて、落として、ホテルに連れ込んで、(以下8文字検閲削除)、(青い海の映像)だり、またそれに加えて(野ウサギの写真)とか(映倫のマーク)なんてことは出来やしないのです。
というわけで、研究あるのみ、です。
研究にはおしなべて研究書が必要。しかも、どこぞにあるエロネタ全開の雑誌とかではなく、きちんとした、現在の普通の女子中学生がどのように日々暮らしているか、そういう生態が分かるような本でなければいけません。

ありますよ。女子中学生のファッションマガジンが。



◆中学生のおしゃれ情報がいっぱい! nicola◆



390円、中学生に非常にやさしい雑誌となっております。
とりあえず今月号の表紙が、夕日をバックにコアラを抱いてウィンクする女子中学生であったということは、ふぅん、と相当さりげなく流してください。日本の秋の外気ではコアラたんがとてもさむがると思うのですがそのへんも大人の余裕というやつで許してあげてください。あなたが未成年でも同じ子供のよしみで許してやってください。
と思ったら、この取材、オーストラリアでやってます。突っ込みが空振りに終わった時ほど悲しい時はそうそうないのですが、そこは私もぐっと涙をこらえて、夜空を見上げます。斜め45度の角度で星空を眺めます。その角度が、一番私が男前になります。


え? 買ったのか、って?
フッ・・・
当たり前じゃないですか。会社の近くのコンビニで買ってますよ? あまつさえ夕食のラーメン店でそれを堂々と広げて見てますよ?
途中でちょっと吹き出しちゃったりなんかしてますよ?
両方のお店に女性店員は何人かいましたよ?
それが何か?
そんなところでオチを取ろうと思うほど弱気じゃないですよ私。デフォルトで当たり前の行動ですよ私。


で、これによると、今年の冬はニットが流行るようです。ニットなるものが何か分からない方は、こちらを見てください。まあ要は編み物です。
で、特集の名前。



おさえとかねばのLOVE(はぁと)ニット!



・・・今回の雑誌の選択ですが、失敗に近いかもしれません。
無駄に(はぁと)マークが多いですこの雑誌。下手に文章も引用できません。例えば、



あざやかラインが(白抜きはぁと)なカウチン。前は木のボタンで背中はブランドロゴ入りだよ。元気ミニスカで対抗すべし! スニーカーを合わせて無敵のチアガールが完成(黒はぁと)



こんなことになります。ていうかニットを着たチアガールって何事でしょうか。そんなものは許されないと思うのは私だけでしょうか。ついでにここで紹介されているニットが15,800円するという点に憤りを感じるのも私だけなのでしょうか。


まあ、とにかく女子中学生の間では、今年の冬はニットがイイ感じ(はぁと)ということです。カラフルな原色ボーダーのニット、はぁとマークがとうとう衣服にまで伝染したような「キュート」なニット、デニムとニットはワザありmixだそうです。
相対的に色が原色ばかりでくらくらしますがそこはきっと若さなのでしょう。私もついこの間まで中学生だったのですけどネ♪


まだまだ雑誌は続きます。私も、ちょうど今、がんばって気合を入れるために、BGMを「涙のリクエスト」(チェッカーズ)にチェンジしました。わぁい中学時代を思い出すYO! イキがってフミヤの髪形をマネしていたことは一刻も早く忘れたい思い出だYO!


で、次の特集ですが、



秋くつリーダーにならなくっちゃ!



靴がひらがなで書いてあるところが中学生にやさしい作りとなっております。ていうか、さっきから漢字であるべきところがひらがなになっていて、かなり違和感を感じております。
次号予告をそのまま引用しますが、



つうはんで冬の安かわ服をGETしよ!



ってどうよどうよ? 「通販」がひらがなになっているのは初めて見ました。今の中学生は「通販」すら読めないということが明らかになったのです。日本の児童の学力低下が懸念されます。
ていうか「安かわ服」って何ですか? 「安革服」ですか? まじ素で分からないんですけど。もし「安革服」というのであれば、その文章を修飾するフレーズとして「スウェット」とか「フリース」とかが挙げられていることをどう説明してくれるのですか? スウェットやフリースは革製品ではないですよ?


・・・あっ!
「安かわ服」って、もしかして「安くて」「かわいい」「服」の略ですかっ!



・・・ごフッ



完全にギャップにやられました。
がっくりきたので、BGMをとても古くします。むしろ歌中の舞台まで古くして、「はいからさんが通る」にします。


そろそろ限界が近くなってきました。
ここはひとつ、エネルギーを、女子中学生の若さあふれるエネルギーを、吸収しなければ倒れてしまいそうです。冒頭にHellsingを使った手前100%処女の血を吸おうかとも思いましたが、まだ私には未来があると思うのでそれはやめておきます。未来がある、と完全に断定していないところに弱さを感じます。
で、エネルギー吸収のためには、彼女たちのセキララな投稿を読むしかありません。そう、投稿。そこに女子中学生たちの普段着の生活☆ 何気ない一コマ★ が刻まれているのです。BGMも、ちょうどいい感じに「恋はくえすちょん」に変わってますよ? 音程が全てに渡って微妙にずれた歌であることはこの際無視しましょう。ユニゾンがハーモニーに聴こえる点も無視しましょう。
さて、投稿のコーナーへ。どれどれ・・・ 女子中学生の普段の生活は・・・?



遠足先の階段でコケそうになったら、後ろから(はぁと)な男子が、コケないように私の背中を手で押さえてくれた。初めてふれ合った瞬間だった。



くっはぁっ! 「ふれ合った瞬間」ですよどうですか奥さん? もうゾクゾクきちゃ〜う♪
こんな私にゾクゾク震えるあなたはきわめて正常です。



運動会の練習のとき、陰のとこで休もうと、友達と2人で体育館のウラに行ったら、キスしてるカップルを発見! 体育館ウラはねー、ケンカやキスをするとこじゃないっつ〜のっ!



むしろケンカやキスをするところだと思います。 ←わりと真剣に突っ込む感じで



運動会終了後、忘れ物を取りに教室に戻ったら、CくんとHちゃんがキスをしてた! そして・・・ さらに・・・ さらに・・・ キャ〜〜〜ッ☆ こっちがドキドキして、忘れ物も取らずに帰っちゃった。



「あ〜あ、つっかれた〜」
運動会でたくさん走って汗をかき、身体がもう疲れて動かない。百合子は、ばふっ、と家のベッドに横たわった。腰まである長い黒髪が、その乱暴な扱いに抗議するように、シーツの上に大きく広がった。
「テキトーにさぼっちゃえばよかった。んったく、何でこんな行事あるのかしら・・・」
さっきから一人でつぶやいている理由は、何か話していないと、あの光景を思い出してしまいそうだからだった。
あの、光景。
忘れ物を取りに行っただけなのに・・・
二人が、夕暮れの、教室で。
半袖の体操服が、まくれあがって。
紺色のブルマが、夕焼けに映えて。
宏美、声、出してた・・・

百合子の身体が、熱くなる。

いつのまにか、百合子の右手が、着ている制服の上をすべっていく。自分でも気づかないうちに右手は流れ、そして、すぐに、ほんとうにすぐに、たどりついてしまった。
だ、だめ・・・ 下に、お、お母さんが、い・・・ るの、に。






一番だめなのは、終電を切りそうな時刻に、会社で一人こんな文章を書いている私だと思うのですが。







<研究成果>

「お願い聞いて! 誰にも言えないわたしの悩み」というコーナーで、次回から「わたし、こうしたら胸が大きくなりました!」特集を打つようなので来月号も買い。間違いなく買い。むしろ読書用、保存用の2冊で買い。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh FAX 2001/10/05 14:18
日々の戯言 今日も事務員さんにやってもらいます
おかげさまで昨日から続く微熱も小康状態です。でも完全に治っているわけではないのでそれなりにハイです。ていうかナチュラルハイです。わりとナチュラルにハイです。イクラちゃーん、と呼ばれたら素直にハーイ(「ハ」の部分にアクセント)と振り向きつつ答えられる程度にハイです。


さて、FAXを送らなくてはいけないのです。けれども、今事務のお姉さんがいません。
これは困った事態です。私はFAXが送れないのですから。なぜ送れないかといえば、私は今まで先方に電波を飛ばして書類等を送っていたからです。はいうそです。単に知らないだけです。
で、FAXの送り方なんですけど、紙を置いて番号を押しておけばいい、とか皆様おっしゃいますが、さっぱりやり方が頭に入ってこないのです。
おかしいですよね。こうやってサイトを始めて、全然出来なかったタグも必要なものは打てるようになってきたのに、FAXが送れないなんて。このアンバランスはなぜなのでしょうか。


タグ打ちは必要だから憶えたんじゃないの、とも思いましたが、それは違います。ていうかタグ打つことよりもFAXを送ることの方がかなりの確率で私の人生に必要だと思います。言うなれば私の人生は、FAXを送る人生である、と表現したら相当に過言です。


・・・あ、なるほど。今わかりました。
私はタグを打つのが好きで、FAXを送るのが嫌いなんですきっと。昔から「鋤こそ物の上手なれ」と言うじゃないですか。すいませんそれは畑を耕す「すき」です。別に鋤が上手になっても意味がありません。「好きこそ物の上手なれ」こちらですね。好きだから、物事は上達する。きっとそうなんです。


ここまで書いてきて、私はそれほどまでにタグ打ちが好きだったのか、と改めて納得してしまいました。サイトを立ち上げたのが今年の8月26日ですから、こうも短期間にここまで上達するとは。もはやそうですね、これは「好き」を超えた「愛」です。私はタグ打ちを愛しているのです。タグ打ちに耽溺、つまり耽って溺れているのです。<font color=>と打つ時にはもう私のアレは先走ってしまっているのです。バックスラッシュで締める時なんて、昂ぶって昂ぶって、”.”と間違えて打ってしまう程なのです。今だってもう前屈みでしか歩けなくなっていて、今日一日これからどうしようと思っているくらいなのです。


何だか書いていて微妙にイヤです。だいたい山頂から3分目くらいまでが鮮烈に紅葉している山を見た時くらいイヤです。わかりにくい例えかもしれませんのでもう一度説明すると、動物園のアシカの水槽のガラスを必死にたたいている子供を見た時くらいイヤです。


結局何が言いたいのかというと、私は、FAXを送るのが好き、大好き、好きで好きで、好きが壊れてしまうほど好きな、10代から20代のかわいらしい婦女子を募集している、ということです。
よろしくお願いいたします。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh 不定期連載〜ファミリーマートで捕まえて 第6回 2001/10/05 02:58
日々の戯言 この週末こそコンテンツに・・・
◆第1回◆◆第2回◆◆第3回◆◆第4回◆◆第5回◆はこちら
かなり切羽詰まったスケジュールの中、私はとうとう風邪を引いてしまいました。
それでも、病院に入らなければ健康、というのがルールですから、無理してでも出勤。ぐったりした、午前1時の帰り道のこと。
とぼとぼと歩き行く先に、見慣れたファミリーマート。今日は、熱が出て視界が定まらないせいか、看板の光もいつもよりぼおっとしています。この手の乾燥した感じと、身体のだるさからすると、今きっと7度5分くらいです。
そういえば今日は夕食を食べていません。少しでも身体に入れておかないと、明日が危ないです。
ため息をついて、店に入りました。


「いらっしゃいませ!」
もう聞き慣れた声。この声が聞けない時に、違和感すら感じるようになってしまった、元気な声。
レジの向こう側で、こっちを見てゆっくりと、大輪の花が開くように笑った、あの女の子。セミロングの黒い髪を後ろで二つに束ねてファミマの制服を着た、あの女の子。
私も、できるだけ元気に見えるように、笑いかけました。すると、彼女の方から、胸の前で、ふるふるっ、と手を振りました。手だけ振っているはずなのに、まるで彼女の身体中が、嬉しくてふるえているようにも見えて。
そういえば、彼女の顔は、もううっすらと桃色に上気していました。


パンすらも食べられないと思い、やっぱりいつものジュースとヨーグルトを持って、レジに向かいます。彼女は、私が来るのを心待ちに、手にはもうセーラム・ピアニッシモを携えていました。
「はい、お待たせ。お願いしますね」
「いつもありがとうございます。 ・・・今日は、煙草はどうしますか?」
「ありがと。お願いします」
「はい!」
いつも彼女は、ピッ、とレジにデータが入ると、ちょっとだけ身体に力が入ります。ん、よしっ、と、時々つぶやくのも聞こえます。ちゃんと計算されているのを確認している姿が、すごく微笑ましいのです。
ビニール袋に品物を入れて、持ち手のところをくるくるっとねじり、笑顔とともに渡してくれます。今日は、やっぱり彼女の顔がピンク色にぽおっとしていて、ほんの少しかしげる首がいつにも増して可愛らしく見えました。
「はい。お釣りです」
「ありがと」
私の手を包むように渡すその手が、熱くて。


え・・・?
熱が出ている私よりも、熱い・・・?
「ち、ちょっと・・・!」
びっくりして、女の子を見詰めます。
まるい眼鏡の奥のひとみが、一瞬だけ私を見て、すぐに、外れます。
それで、確信しました。こっちもぼおっとしてて気がつかなかったけれど。
「・・・風邪、ひいてる?」
女の子は、ぴくん、と動きを止めて、レジの中でうつむきます。
やがて、弱々しく、こくり、とひとつだけうなずいて。
「だ、大丈夫なの? だいぶ熱があるんじゃ・・・」
「ううん、大丈夫! ちょっと、熱があるだけ」
熱がある私よりも熱いのですから、そんなちょっとであるはずがありません。
「ちょ、ちょっと熱がひどいと思う。 ・・・ほら」
「ひゃっ」
レジ越しに熱をはかろうと伸ばされた右手に、女の子はびっくりして一歩身を引いてしまいました。
「ほぉら。はかってあげるから」
「だ、大丈夫です」
「だって熱あるよ?」
「ううん。ないです。元気ですっ」
無理に微笑もうとして・・・
「・・・っくしゅんっ!」
「ほら。完全に風邪じゃないか」
「あうう・・・」
「ね。ほら、おいで?」
彼女の視線が床をしばしさまよい、そして女の子は、一歩だけ前に出ました。
うつむいたまま、胸のあたりで両手をぎゅっと握りしめて、唇をかたく引きしめて・・・ 私の手を、待っています。
できるだけそっと、たんぽぽの綿帽子を手のひらに載せる時のように、私は彼女の額に手を当てました。
「・・・」
当てられた瞬間、女の子が声を出さずに、ぴくん、と震えます。
心なしか、さっきよりも熱が上がっているように感じました。


「うーん。やっぱり熱あるよ」
「はふぅー」
手を離すと、女の子はずっと止めていた息を吐き出して、弱々しく笑いました。
「・・・うん。ちょっと、つらいかも」
「そういう時は休まなきゃ」
「・・・だって、お仕事だもん」
うん、とうなずいて、女の子はガッツポーズを作りました。
置いてあるビニール袋を取って、私に差し出します。
「はい!」
「・・・もう、分かってないなぁ。 ・・・もう一回、熱はかろうか?」
「・・・え?」
目をまるくする彼女の頭を引き寄せて、私はおでこで熱をはかろうとして。
「ひゃああぁ!」
思い切りびっくりして、女の子はレジの後ろの壁に張り付くように、身を引きました。
「うわ、うわ・・・」
「あははは。冗談だよ」
胸の前の手がぷるぷるとふるえているのがとてもかわいくて、思わず笑ってしまいます。放り出されたビニール袋を取って、私はくすくす笑いながら手を振りました。ちょっとびくびくしながらも、女の子もつられて手を振ります。
「じゃ、またね」
「は、はい・・・」
歩き出した私の鼓膜を、ため息が一つ打ちました。
「・・・冗談、だったんですか・・・?」


振り向くと、女の子が、あわてて首を何度も振りました。
「ううん! なんでもないの! ありがとうございましたっ!」
ぴょこん、とお辞儀をする彼女に、また私は歩み寄ります。
「な、なんですかっ?」
「ほんとに、もう一度はかってみる?
「ふええぇ」
泣きそうなのか笑いそうなのかよく分からない表情で、でも女の子は完全にまっかになった顔を両手でおおってしまいます。
「あはは・・・ ね、気をつけてね」
自分のことはとりあえず棚に上げて、彼女に言います。手でおおわれた、その顔に向けて。
「ちゃんと、治すんだよ?」
そっと、彼女は手を外しました。上目づかいに、私を見ます。
そして、大きくひとつ、うなずきました。
「は、はいっ! ありがとうございましたっ」
その声は、掛け値なしに、いつものように元気いっぱいでした。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh Watch : 連続針金緊縛強盗を逮捕−茨城 2001/10/04 21:58
日々の戯言 Watchのコーナー
ソースは確かでしょうがコメントは確かではありません(笑)
連続針金緊縛強盗を逮捕
相変わらずZAKZAKさんは扇情的な見出しでようこそです。
とても稲垣メンバーの出演を拒否した局といっしょとは思えません。
ま、とにかく針金で緊縛です。じっくりと事件の経緯を見ることとしましょう。
主に誰がどこを縛られて服を脱がされじっくりとまず眼で犯され、「何だ・・・ おまえ、もしかして・・・ クククッ」とある一点に注目された彼女はその視線の持つ意味を悟って絶望のうめきを上げたのだった・・・

同日午前3時半ごろ阿見町実穀のコンビニ「ファミリーマート阿見実穀店」で、店員(22)にカッターナイフを突き付け、針金で後ろ手に縛った上、レジから現金約3万円を奪って逃げた疑い。
ひどいよZAKZAK! 何で「店員(22)」なんだよ! 性別を書けよ! 読者はここに一番興味があるのが分かってないんでしょうか。こういう報道機関の姿勢は非常に問題だと思います。こっちでは敗訴するほど無駄なことを書いているのにヒドイやウワァーン!
社会派のBlackAshはこんな意味のない記事を垂れ流すのは耐えられないので、詳細に調査をいたします。少々お待ちください。

男性アルバイト店員(22)の左手にカッターナイフで約3センチの切り傷を負わせた疑い。(Yomiuri On-Line
ウワァそんなひどいや読売! ことさらに事実を述べることはないだろウバァー!(泣)
もうやる気が失せました。

店員は左手にけが。
はいはいお大事にね。 ←鼻くそをほじりながら

茨城県内では2月から水戸、取手市など7市町でコンビニを狙い、店員を針金で縛る強盗事件が計11件発生。
早くそっちを報道してくださいZAKZAK。主に女性店員のケース、なかんずく女子高生のアルバイト店員のケースを。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh 純粋な闇に支配された光へ 2001/10/04 16:14
日々の戯言 その時私はすべてを投げ捨てたのかもしれなかった・・・
タイトルにはわりと意味がない場合がありますのでご注意くださいませ。
あ、遅いですか。そうですか。


上司から「Smoking Policy」と会社全体にメールが出されました。その中に、

「It is also asked that we do not smoke just outside the doorways (front or back) to the building.」(管理人による極めて正確な訳:このビルの入口の近くでも吸っちゃいけねぇんだよ聞いてんのかテメェ)

と書かれてて、いったい何人の同僚が私のことをその時思い浮かべたのだろうかと独りほくそえんでいる超ヘビーな喫煙者です。きっと女性社員は、「あなたの煙草のにおいだけ・・・ なぜか我慢できるの」とか「もっと吸って。いえむしろ煙草を吸いながら抱いて」と制服のボタンを上から半分だけ外してタイト・スカートを引き上げつつ迫ってきます。たいへんドキドキしながらご来店お待ち申し上げております。


で、しかたなく1ブロック先のビルの側に行って煙草を吸ってきた私に、「弱っ」と自分で突っ込みを入れる間もなく雨がぽつぽつと降り始めました。なんてこったいジョージ、とつぶやいて煙草を踏み消して帰ろうとすると、ちょっと離れたところに5、6歳の女の子が。小さいピンク色の傘をさしてこちらを見ていたんですよ。

「・・・おじさん、タバコ捨てちゃいけないんだよ」

純粋な子供の一言が私の胸を深くえぐりました。いつも女性の注目の的、ラヴ・コールにはバラの花を胸から一本取り出して彼女の髪に刺してしまうくらい女性の扱いに長け、時々彼女たちのまぶたをアロンアルファでくっつけちゃうこともあるわりとおちゃめ☆ な私が、この女の子のまっすぐな視線に、思わず目をそらしてしまったのです。糸を引くような、きれいなその瞳。

「おじさん、ちゃんとひろって片付けてね」

そう言うと、女の子はくるりときびすを返して駆け去っていったのでした。
雨に濡れ、私は一人うつむいて物思いに沈みます。左手をポケットに突っ込み、ガッ、ガッ、とビルの壁を蹴りつけながら。やがて雨は激しくなり、さわやかに決めたヘアースタイルが徐々に崩れていきます。重く、重く、雲は私の胸を黒く染めていきます。










・・・おじさん、か。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh いきなり更新 2001/10/04 11:26
日々の戯言 なんとなく
PHS、しかも旧エッジの先月の電話料金が57,000円を超えていたという事実をどのように受け止めればいいのか、普段は冷静沈着で「仮面舞踏会の男」と呼ばれているほどの男なのですが、やっぱり微妙にショックなんです。このようにいつもは更新しない時間にゲリラ的更新をしてしまう程度にはショックなんです。

こうやって更新していると、「忙しい忙しいとか言っときながらヒマあるじゃんか」というツッコミがくると思うんですが、ちゃんと仕事はしてます。夜に。ホラやっぱり海外のクライアントが相手だと時差って言うものがあるじゃないですか、とわりと信用できそうな事実を書いておくとコロリとだまされてしまう人がそれなりにいるかもしれません。
たとえば「バニャニャ(英語名:ba-nyanya)」という果物が東南アジア一帯で細々と栽培されているということを相手に信用させる必要がある場合があるとします。このような状況で、@検疫の関係で日本には入ってこないけれども、東南アジア、特にスレビシ島を中心に栽培されているということ、Aバナナに似た果物で、バナナよりも多少やわらかく、色は黄色ではなくて赤みがかったオレンジ色が多いということ、B現地の人々は主食のジャガイモの代わりに時々これを食べ、値段は日本円でだいたい1ふさ60円から100円だということ、などと説得してあげると成功すると思います。

こうしてあなたは類まれな説得術を身に付けてしまったのですが。
それでも絶対に自分だけはだませないことは聡明なあなたならもうお分かりでしょう。そしてこれからあなたは毎夜毎夜布団の中でうめき声を出して悩み苦しんでしてしまうのです。睡眠時間が普段より40分ほど少なくなる程度のわりと小さい苦しみです。「何で自分に説得されない人がいないんだこんな世の中はイヤだ」というつぶやきが、やがて恋人や親に聞こえてしまい、心配する彼や彼女たちを尻目にあなたはある日突然布団から抜け出すのです。そして、最近の忌野清志郎が間寛平と一緒にテレビに出ている時に洩らす楽しいとつまらないのちょうど境目にあるような微妙な微笑みに似た雰囲気を漂わせて、「牛肉を大いに食べる会」でプリオンを発病直前まで補給した後にいよいよ世界征服への一歩を踏み出すことになるかもしれません。

今日は、そんな感じの一日になりそうです。わりと。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh Watch : エラーメール大量蓄積、出会い系サイト勧誘の男逮捕 2001/10/04 00:45
日々の戯言 Watchのコーナー
ソースは確かですがコメントは確かではありません(笑)
メール転送サービス会社のメールアドレスを無断使用し、「iモード」の出会い系サイト勧誘の迷惑メールを不特定多数に送信、あて先不明で返送されたエラーメールを同社のサーバーに大量に蓄積させた
はいIT関連のニュースは相変わらず何が言いたいのか分かりません。今日は読売新聞。
転送サービス会社のメアドを使ったのかその会社のsmtpサーバを踏み台にしたのかどっちですか。
藤沢容疑者は以前、契約をしていた大阪市中央区の同社のアドレスを使い
ってありますけど、それだと無断使用にはならないですよ? それとも「以前」契約していて「今」は契約していないということですか? 読点の位置が違うような気がしますけどまさか日本最大の権威ある新聞社の読売がそんな間違いをするわけないですよね。

大阪府警生活安全特捜隊などは3日、愛知県春日井市八事町、無職藤沢義夫容疑者(22)を偽計業務妨害の疑いで逮捕した。
生活安全特捜隊です。ワイドショーの「ファッション特捜隊」とか「ラーメン特捜隊」とかと同じネーミングセンスなのがほほえましいと思います。けれども日本の生活の安全は彼らの手により守られているのです。えらいぞ大阪府警生活安全特捜部。がんばれ大阪府警生活安全特捜部。

藤沢容疑者が送信したのは、無作為に電話番号を抽出したメールアドレス。最近、電話番号のアドレスから英文字や番号の組み合わせに変更する人が増えており、約1割分の2万通しか着信しなかった。
17万通送信して2万通到着だそうです。ここまで減ったのはドコモ広報ががんばったメアド変更キャンペーンのおかげですね。おかげでサーバに戻ってきたメールの数は増えてるけどな。
藤沢君捕まったのはドコモのせいですので恨むならドコモを恨んでください。

藤沢容疑者は、自分のアドレスを使って同様の迷惑メール約1万通を送信、大半があて先不明で返送されたことがあり、この時、処理に困ったことから、府警は、アドレス無断使用を思いついたとみている。
うわ実メアドでスパム送ってますよコイツ。その時の光景が目に浮かぶようです。
「ああ〜んほとんどが宛先不明で帰ってきちゃってボクのメール受信がいつまでたっても終わらな〜い」
厨房っぷりをいかんなく発揮しております藤沢君。

警察庁によると、エラーメールで会社の業務を混乱させた行為に偽計業務妨害罪を適用したのは初めて。
はい日本初です。何事も初めてはいいことです。よかったね藤沢義夫(22)無職。思う存分自慢してください。留置場の中でな。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh Wiz 2001/10/03 15:11
日々の戯言 久し振りにやりたくなりました
今日の東京は快晴、抜けるような青空ですね。











空を見上げるだけでヌケる人はどうかと。



相変わらず訳分からないツカミでこんにちわ。
このツカミだけが更新されているのを見た人も中にはいらっしゃると思いますが、それはいきなり会議に呼ばれてしまったからでした。


で、私はRPG(ロールプレイングゲーム)の中では、ドラクエでもFFでもなくWizardry(ウィザードリィ)が一番好きなわけですよ。
端から見れば、これは風景の変化しない洞窟の中をひたすら進んでいくゲームにしか思えないんですが、私は「ラスボスを倒してからがゲームの本番」という自由度が好き。
ま、ラスボスが弱いというゲームバランスの悪さもあるんですが、ドラクエ3(ファミコン版)でも、ラスボスのゾーマが2ターンで倒されてしまうからまあ気にしない方向で。

ウィズの中でも、初期ファミコン版ウィズ1、2、3がいいですね。何事もストレートな初期の方がいい、というのは、例えば宮崎駿作品でどれがフェイバリットかと訊かれて「ラピュタ」と答える人が多いということからも明らかなのですが、やっぱ絵、シナリオ、システムが単純で、自由度が思い切り高いというのが魅力。

さて、私が、ウィザードリィを面白いと思うもうひとつの理由として、「主人公が生き返らない場合がある」というのがあります。つまり、死んだまま、ゲームから消滅してしまう場合があるのです。
これはウィズをやったことのある方ならば幾度も辛酸を舐めさせられたことでしょう。死んで、復活の呪文を使ったのに蘇生に失敗して灰になり、さらに祈りを込めてもう一度復活の呪文を使ったのに、失敗・・・ 消滅。

ですから、このゲームで一番やってはいけないこと。
それは、キャラクターに友人の名前をつけることなんです。

私も、まさか消滅なんてするはずない、と高をくくって、つけてましたよ。
中学時代仲がよくて、いっしょにウィズもやっていた、タクヤ(仮名)くん。
タクヤ(仮名)くんは、そう、前線で大活躍する侍でした。力強いその攻撃は、並居る化け物どもをなぎ倒し、成長著しく呪文もようやく憶えてきて。
そんな、シナリオ中盤のころでした。


敵のドラゴンのブレスを受けて、タクヤ(仮名)くんはあわれ死亡してしまったんです。
ええ、死んだのには気付きましたよ。
そこで、究極の対策「リセットボタン」を発動させればよかったんですが・・・




敵の経験値の多さに誘惑されまして。




まあいいか僧侶も復活の呪文憶えてるし、寺院行く金もあるし。
やっぱこの経験値の多さは魅力だよ。


そう思って、とりあえずタクヤ(仮名)くんを殺したまんま、戦闘を終えたのです。

で、とりあえずすぐに復活の呪文・・・
タクヤ(仮名)は体力あるし、若いし、多分生き返るって。大丈夫。


・・・え、失敗してるよ!


正直顔色が青ざめましたね。背筋には戦慄が走りましたね。
あと一度ミスったら永遠にタクヤ(仮名)くんはゲームの舞台から消滅です。
こ、これは危ない。



すぐに洞窟から出て町に帰りました。
そして、もう必死で寺院へ駆け込みます。寺院の方が呪文よりも確実なんですよ。


高い金を払って、復活の儀式。


ささやき
祈り
詠唱
念じろ!


ほんと、本気で祈ってました。念じてました。


タクヤ(仮名)、頼む・・・ 死ぬな・・・!





画面が唐突に切り替わり、お墓が。
消滅です。



その時、自分の気持ちをどう表現したらいいのか分からなかったのを憶えています。
それほどに、ショックでした。
それほどに、痛烈でした。







だってカシナートの剣を持ったまま消えてしまったんですよ?




いやアイテムとお金は他の人に移しておけばよかったよタクヤ(仮名)。








その後、実在のタクヤ(仮名)くんとは次第に疎遠になっていきましたが何か?


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh コマ劇場前 2001/10/03 03:19
日々の戯言 コマ劇場前から駅とは逆側に行くと・・・ ホテル街♪
新宿で酒を飲んで、べろんべろんに泥酔してしまうと、結構危険です。
まあ終電切ったらそれこそ人死にが出てもおかしくないような場所とかありますし、だからと言ってそこらへんの道路に倒れて寝ていると、介抱する振りをして財布を抜き取る「介抱ドロ」とか、女の子、つまりは売春婦を紹介する振りをして近づいて財布をスリ取る「紹介ドロ」とか、ほんといますからね。聞くところによると、あの歌舞伎町一帯、わずか500uのところに百人単位でいるとか。

それでも、多少は安全なところってあるんですよ。
その一つに挙げてもいいかな、と思われるのが、本サイトのContents◆新宿風聞〜1◆でも舞台となっている、新宿コマ劇場前広場「歌舞伎町ヤングスポット」。
あそこは、「殴られ屋」さんとかもいて人通りが多く、衆人の目があるので”仕事”がしにくいですね。
加えて、あそこには、新宿警察が設置した隠しカメラがあるんです。当然、「介抱ドロ」「紹介ドロ」とかを捕まえるためなんですが。
で、そこにカメラが設置されていることを、当然プロの泥棒さんは知っているわけです。
だから、コマ劇場前では”仕事”はしない。しにくいんですね。
だからと言ってそこでどうなっても知りませんけど。


そこに、カメラがあるんです。
ということはですよ。



私がそこで女の子を介抱する振りをして駅とは反対の方向へ連れて行ったところとか、「殴られ屋」さんに挑戦して見事に2、3発しかいい感じでHITしなかったみっともないところとか、全部撮られているわけですか?


ゲイ・バーの呼び込みの、もう表現することが不可能と思われる姿形をした方々に引っ張られていったところとか、タイガーマスクの新聞配達のおじさんに無邪気に手を振っていた私とかも、全部ビデオに収められているのですか?








一円玉を拾って流れるようにスーツのポケットに入れた私を捉えたビデオが新宿警察の倉庫に保管されているかと思うと夜も寝られません。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh Watch : 「校内に学級崩壊ある」3割 小学校校長と教員調査 2001/10/02 20:21
日々の戯言 ニュースがたくさんあるんで、気になるニュースを取り上げて見ます。
ソースは一応確からしいところですが、コメントは確からしくありません(笑)。
すっかりエロいイメージが定着してしまった教職の方々ですが、わいせつ以外にも悩みは尽きないようですね。

昨年度、「校内で学級崩壊があった」と答えた校長は26.0%、教員は32.4%に上った。
97年度からの3年間に学級崩壊があったと答えた学校は14.2%。今回の調査の発生率は単年度だけだが、それを大きく上回った。

知ってますよ学級崩壊。教室が崩壊してしまうんですよね。ガラガラと。これもひとえに校舎の老朽化が原因です。学校すら建て直す予算がない、という日本の教育の貧しさを象徴する出来事です。今後も徐々に増加の一途をたどることは間違いありません。

個別の対応で効果が高かったとみられるのは担任交代だ。実施した学校の教員88人のうち、「好転した」と答えたのは87.5%だった。
普段「気持ち悪〜い何でいつもジャージしか着てないの〜」とか馬鹿にされている体育教師は大活躍です。「あぶな〜い!」とか叫んで生徒に覆いかぶさって、落ちてくるコンクリートを背中で受けるんです。「せ、先生!」「ごほっ・・・ オレは大丈夫だ・・・ みんな、早く逃げろ・・・」「先生!」「今まで嫌っててごめんなさい!」「先生のこと、見捨ててなんていけません!」「み、みんな・・・」 最後は大団円で終わります。
こんな心温まるお話が、これからもどんどん増えていくといいですね。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh 戦い終えて・・・ また?(2回目更新) 2001/10/02 14:09
日々の戯言 ちょっと外出
帰ってきたらまた更新しますね
更新
昨日の戦いは久し振りに凄絶なものでした。
結局会社を出たのが朝の6時半うわぁい朝の光がまぶしいな。



自分で自分を誉めてあげたいです。





そう思って「Hellsing」1〜4巻、ちょびっツ3巻、Gallary Fake23巻を買って自分にプレゼントしたちょっと無邪気♪ な私。










この話のオチは、Qちゃんを使わず今時敢えて有森を持ち出してくる漢気にあるんだと思います。



ぽこっ、と時間が空きました。どうせ夜になったらいろいろと出てくるんだろうけど。

こんな機会でもないと出来ないこと・・・
お世話になった方々に手紙を書こう。ほんとにご無沙汰してしまっているし。

便箋と、親からもらった、社会人になった時のお祝いのボールペン。


さて、居住まいを正して。

『拝啓 次第に秋も深まるこのごろ、いかがお過ごしでしょうか。』

   ・
   ・
   ・

『また、お時間がある時に、是非とも伺いたく思っております。』

   ・
   ・
   ・

『この前の六本木のお店は、先生もとてもお楽しみではなかったのではないでしょうか(爆)。』







ちょっと待て「(爆)」とか使うなバカ!



以上はツカミだったはずなんですよ。
その後何か書こうと思っていたんですが。でそのネタもさっきの外出で見てきたんですが。


いや、この画像でちょっとした衝撃を受けたので、考えてたことが全て吹っ飛びました。
思わず「うお・・・」とか呟いて、また隣の外国人が不審そうな目で私を見てました。


◆水谷さくら◆


まじさくらたん萌え(チガ


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh 秋の夜長の動画の楽しみ・・・(2回目更新もまだ会社♪) 2001/10/02 00:31
日々の戯言 長くたって・・・ くすん
リンク先修正済 すみませんでした
イェア! まだ会社だよ! 仕事だよ!
とうとう家に帰るのをあきらめましたよ?
そう決めたとたんすごく楽になりましたよ?


何だまだ6時間も時間あるじゃんか! 


余裕余裕。
ちょっと仕事休憩。ネットでも・・・



どこまで行ったら本当に追い詰められるんでしょうか私は。




まあどこにいても秋は秋。
昼間、季節の変わり目を感じたもので、どうしてもしんみりとしてしまうんですね。
夜には、秋の夜長、です。次第に、その影を深くしていく秋の夜。




ああ夜が長いとうれしいな仕事がたくさんできるよバリバリ稼ごう! という夜長の使い方は間違っているような気がしますが。




まあ、こういう夜には、脂ののった秋鮭でも焼いて、それを肴にちびりちびりと日本酒でも飲るのが大人の楽しみというものです。

そこで、私も、あと6時間も余裕があることですし、鮭を捕まえてくることにしました。
せっかくですから、生まれ故郷の河に戻ってきた、気合の入った鮭を捕りたいものです。しかも、本場アラスカの鮭を。

ちょっと、アラスカまで行ってきますね。



さて、と。このあたりでいいかな。うんいい河だ。
あとは・・・ 獲物を。




◆私が鮭を捕まえた時の映像◆(動画:Windows Media Player ウィルスチェックは一応したけど念のためしてね 380KB)



・・・美味しかったですよ?



秋鮭は堪能できたのですが。
日本に帰る飛行機代がなくなってしまったので、陸路でアラスカから帰ってこなければならなくなったんです。


途中、北極の氷の大地を通りまして。
そこでなかなか面白いものを目撃してしまったんですよ。
ええ、まるでサルも木から落ちる、みたいな。



◆ペンペン◆(動画:Windows Media Player ウィルスチェックについては上記の通り 234KB)



・・・いや大笑いでしたよ。










こんなアラスカなんて行ってる場合じゃないんだって!
まじで今ぜんぜん笑えない状況なんだってば分かってんのかオレ!!




現在午前3時。




@会社。







ほんっとうに笑えませんってあはははは。


秋は夜が長いよ〜♪ ←キレかけ


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh 新しい風 2001/10/01 13:01
日々の戯言 さあ、秋も本番
10月1日。
秋も本番。これから徐々に気温は下がり、木の葉は次第に色づいていく。
季節は移る。日本には四季があることをはっきりと感じる。そんな、季節の変わり目。







いや事務のお姉さんが今日付の異動で変わってたんで季節の変わり目に気付いたんですけどね。

ったく、一言くらい挨拶していってくれても罰は当たらないじゃないか。金曜日何も言ってくれなかったんだよ? そしたらちょっとくらいごはんでもご馳走したのに。

「あのぉ〜。はじめましてぇ〜」

何かぽやぽやした声ですね。
えーと、新しい事務のお姉さんですか?

「はいそうです〜。先輩の代わりに、ここに配属されました〜。よろしくおねがいします〜」

はいよろしくどうも。
しっかしほんとほわほわキャラだね。

「え〜。そうですか〜? ちゃんと、仕事はまじめにしますよ〜」

いやそういうのでなく。
まあ少しはなごむかもしれないからいいんだけど。

「なごみますか〜?」

ええ少なくとも前の事務のお姉さんよりかは。
彼女はほんとバシバシと物事を進めていってて、見てて怖いくらいだったよ・・・

「悪かったですねデリカシーがなくて」

あ、前の事務のお姉さん・・・ いやデリカシーがないなんて言ってないですはい。

「言ってるようなもんです」

・・・うう、えっと、異動したんでしょ?

「まだ引継ぎが終わってないから来たんです・・・ さ、これが最後の引継ぎよ」

「はい〜。よろしくおねがいします〜」

「このファイル、よく一緒に仕事することになる誰かさんの攻略法を書いたファイルね」

「ふ〜ん。 ・・・なんですか〜これ? 『腹が立つほど忘れっぽい』とかぁ、『仕事のメール中にモーニング娘。のことが書いてある場合は切羽詰っていると思われるので要注意』とかぁ」

・・・あの、誰かさんって私ですか?

「もちろんそうです。攻略法をメモっていたら、ほら、一つのファイルが出来ちゃった」

攻略法って・・・ 私は何かのモンスターですか。

「うふふ、おもしろ〜い。『加護亜依のデータ』で項目がひとつ立つんですね〜」

「大変だったのよそれ。別に私ファンじゃないから」

・・・何だか悲しいです。

「あ、でも〜。こんなにおもしろい人といっしょにお仕事できるなんて、楽しみです〜」

うう、ありがとう・・・ そう言ってくれるのはあなただけです。
これからがんばりましょうね。

「あ、でも〜」

なに?

「なんかあたしとりあえず1か月だけみたいで〜。また動くってききましたけど〜」

・・・私は嫌われてるのですか?

「少なくとも仕事のメールにあいぼんが何とかとか書いてくる人はだめだと思いますよ」

そんな真正面の大上段から斬らないでください。

「あははあいぼんあいぼん〜。みんなに教えてあげよおっと〜」

あ、それはやめて。そんな、送信先に”Company All”でメール出すのはやめて・・・



ピッ












季節の変わり目。
秋は、物悲しい季節です。


だから、今私はちょっと涙が出てきているのです。


>> BlackAsh Home >> このページのTop

_
BlackAsh 不定期連載〜ファミリーマートで捕まえて 第5回 2001/10/01 01:21
日々の戯言 近々コンテンツとしてまとめますね
◆第1回◆◆第2回◆◆第3回◆◆第4回◆はこちら
今、私は迷っています。
机に置かれた小さな箱を、眺めています。



明日納期の仕事のために、今日も出勤。
それでも終わらず、とりあえず気分を変えようと、家でやることにしました。やっぱり気付け薬を買うために、午後11時頃、家の近くのファミリーマートに向かいます。
向こうに見えるファミリーマートの明るい看板が、私の心を少し浮き立たせてくれました。
店の前に、人影が一つ。長いほうきと、ちりとりを片手に、店の前を掃除しているみたいです。
その影が動きを止めて、きょろきょろとあたりを見回しています。
私の方が、先に気付きました。店から洩れる灯りが、彼女の姿を照らしてくれます。
セミロングの黒い髪を後ろで二つに束ねてファミマの制服を着た、あの女の子。
ほうきを持つ手を止めては、何かを探しているように、あっちを向いたりこっちを向いたり。
思わずくすくすと笑いつつ近づいていくと、やがて、彼女もこちらに気付きました。
こっちをじっと見て、ほうきを左手で抱きかかえると、ちょっと戸惑うように、右手を軽く振りました。まるで、「手・・・ 先に振っても・・・ いいよね」と思いながらそうしたように。


「あの・・・ お帰りなさい!」
いつものように、元気よく女の子はお辞儀をします。夜の中、店の光に照らされて私に笑いかけてくる彼女が、いつもよりもかわいらしくて。
「あ、ありがと・・・ あ、私ちょっと買い物していくけど?」
「あ、はい。いつもありがとうございます」
そして、女の子はそこでちょっとうつむきました。何か言いたそうに、ほうきを両手で抱きかかえて。
そして、顔を上げて。
「あの・・・ ほんの少しですから、お買い物終わったら、ここに来てくれませんか?」
「店の前?」
「はい・・・ あの、CDのお礼がしたくて」
この前女の子にあげた、ラップのCDのことでしょう。
「うん。わかったよ」
いつも、こういう時に彼女は、まるで太陽のようににっこりと笑ってくれます。
「ありがとうございます!」
今日も、そうでした。


買い物を終えて外に出てくると、女の子が、胸に何かを大事そうに抱えて、店の外で待っていました。
私は、店の目の前からちょっと移動し、彼女が話すのを待ちます。
彼女は、おずおずと歩いてくると、私の前で立ち止まりました。
「・・・あ、あの。CD、ありがとうございました」
「いえいえ。ちゃんと、聴けた?」
「あ、はい! 大丈夫です・・・」
そこで女の子は一息つくと、そっと、胸に抱いたものを私に差し出してきました。
「・・・それで、その、CD、ありがとうございました・・・ その、お礼、です・・・」
手のひらに載るくらいの小さな箱。深い紫色のラッピングに、淡いピンク色のリボンがていねいに掛けられた、小さな箱。
「ま、毎日、おつかれさまです。おうちで、食べてください・・・」


私がそれを受け取ると、彼女はほっとした微笑みで、またお辞儀をしました。
「それじゃ、あたし戻りますね」
「あ、待って」
彼女の足が止まりました。
「ここで、開けていい?」
「えぇっ?」
ちょっとだけ彼女の声が裏返って。
「え、あ、う・・・ あ、あの、おうちでゆっくりしてから」
「だってせっかくのプレゼントなんだから目の前であけなきゃ悪いじゃない」
「わ、悪くないですっ。あ、あの、ぜひおうちで・・・」
おろおろする彼女を尻目に、私はリボンをそっと外して、包装を静かに解きました。
「ひゃあぁぁ」
中に入っていたのは、小さい箱にいっぱいの、ハート型のクッキー。


「ふえぇぇ」
そこにしゃがみこんでしまいそうな彼女に、私は笑いかけました。
「ありがと。とっても嬉しいよ」
ぶんぶんと首を振る女の子の顔はやっぱりもうまっかです。
「・・・食べてみていい?」
答も聞かずに、私はひとつ、口に入れます。
女の子がもう顔で手をおおって、それでも心配そうに、指の間からこちらをのぞきこんでいました。
サクッ
気持ちいい歯ごたえ。焼き加減は抜群です。
そして、口の中に・・・
「う」
微妙な味。
甘くないです。何か、こう、独特の風味というか・・・
もしかして。
まさか・・・
「ど、どうですか?」
沈黙に耐え切れなくなったのか、彼女が手を顔から外して訊きました。
「・・・う、うん。おいしいよ」
一瞬の戸惑いが、彼女に息を飲ませました。
「・・・え? 何かおかしいですか?」
「いや、そんなことないって。おいしいよ」
「ううん。おかしいんです! ちょっと、あたしにも食べさせてください」
「いや、何でもないってば・・・」
引っ込めようとした私の手から、女の子はクッキーの入った箱を奪い取って、ひとつ、口に入れました。
沈黙。
「う」
女の子が、眉をひそめました。
「こ、これって・・・ なに?」
またちょっとかんで、女の子は目をまんまるに見開きました。
箱のクッキーを、じっと見詰めます。
そして、
「や、やだ・・・ あたし、お砂糖とお塩間違えちゃった!」


や、やっぱり。
「いやあぁぁ・・・ そんなぁ」
そのまま彼女はほんとうに地面にへたり込んでしまいました。
苦笑いをしつつ、私もしゃがんで、彼女の顔を見ようとします。
でも、女の子は、クッキーの箱をぎゅうっと抱きかかえて、思い切り身体をちぢめて。
「ご、ごめんなさい・・・ こんなの、たべさせちゃって・・・」
「気にしないで・・・ ほら、箱、ちょうだい?」
彼女は首を激しく振りました。
「だめぇっ! こんなの・・・ こんなの・・・ だめよぉ」
「だってそれ私にくれたんでしょ?」
「だめっ! ・・・っ、ひっく、 ・・・こんなのあげられないっ」
やがて、押し殺した嗚咽が聞こえてきました。顔をひざにうずめたまま、彼女は何度も何度も背中を震わせます。
「ひっ・・・ っく・・・ ご、ごめんなさい・・・ ごめんなさい・・・」
ごめんなさい、しか言わない彼女の頭に、私は、そっと、手を置きました。なでることもせずに、ただ、手を置きました。
「それ、どうするの?」
「っ・・・ こんなのたべられないもん」
「捨てちゃうの?」
「・・・」
「そんなことしたら、許さないからね」
はっと息をのんで、女の子が顔を上げました。
涙できらきら瞬くひとみが、私をまっすぐに見詰めます。
「それ、私のために作ってくれたんでしょ?」
こくり、と頷く彼女。
「だったら、ちょうだい」
「だって・・・ おいしくないもん」
「きみの気持ちを捨てちゃうなんて、許さないよ」
うつむく、彼女。
「それ、私のために作ってくれたんなら、ぜひとも欲しいな」
「・・・たべるの?」
「もちろん」
「おいしくないよぉ・・・」
「それよりも、あなたの気持ちの方が、大事なんだけど?」
そのまま、私は彼女の頭に手を置き続けました。彼女の体温が、そっと手のひらを温めていきました。


「・・・ごめんなさい」
彼女は、そっと、箱を差し出しました。差し出す手が、ふるふると震えていました。
「ありがとう」
笑って、私はそれを受け取りました。
「大事に、食べるね」
こくり、とうなずいて、彼女は私を見詰めました。まだ泣き濡れた、その瞳。
「ほら、立って。お仕事に戻らなくちゃいけないんじゃない?」
「ああっ!」
あわてて彼女は立ち上がると、ごしごしと涙をふきました。
その頭を、ちょん、とつついて、
「ほら、元気出して」
「は、はいっ」
何だか号令でも掛けられたように、彼女は、ぴっ、と背筋を伸ばしました。
「ほんとに、ありがとうね」
「・・・ごめんなさい」
「だからそれはいいんだって。作ってくれた、っていうのが一番でしょ?」
「・・・ありがとうございます」
「ほら、元気!」
そろそろ帰らなければいけません。私は、コンビニの袋を持ち直して、もう片手に小さい箱を大事に抱え、彼女に会釈をします。
「じゃ、またね」
「・・・はい」
元気が、まだ足りないです。
「・・・また、作ってね、お菓子。待ってるよ」
その時彼女の顔に広がっていった笑顔は、たとえようもなく、きれいでした。
「は、はいっ!」



迷っているんです。
明日の重要な会議の前に、これを全部食べていいものかどうか。


MailTo:BlackAsh Admin
© 2001-2003, BlackAsh, All rights reserved
Since 01/08/26 Printed in Japan