ADMIN

- BlackAsh News!! -

過去ログ
2001 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 21                        
2002 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2003 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2004 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2005 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2006 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2007 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2008 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2009 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2010 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2011 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2012 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2013 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2014 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2015 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2016 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2017                                  1 01 11 21



BlackAsh News!! 新着順 - 1月 21〜 -
2005年 1月 31日 (月)

漫画家・中尊寺ゆつこさん死去 スポーツニッポン [19:18] 
  早すぎる… 結腸ガンだったそうです。バブル華やかなりしころのあの筆致、面白かったなぁ。「スイートスポット」なんか、若い人は知らない人もいると思うけど、「おやじギャル」という言葉を生んだ名作ですよ。残念。慎んでご冥福をお祈りいたします。

Fred Lowery 世界最高のWhislter(口笛吹き)
THE ONLINE GUIDE TO WHISTLING RECORDS [02:46] 
  我々が最も身近に持っている楽器のひとつに、口笛というものがあります。俗に「夜に口笛を吹くと蛇が来る」などと言われるように、どうも口笛はあまりいい印象を持たれてはいないようですが、元来が多動児っぽい私は口笛が大好きでした。今は口笛ではなく、何ていったらいいのかな、歯笛っていうんですかね、シーシーという感じで吹くやつ、そっちの方が随分と上達しまして、2オクターブくらいの音域は常時確保し、まあ空気も読まずに吹いてます。

で、標題リンク先で紹介しますのは、おそらく世界で一番成功した盲目のwhistler、Fred Loweryです。とにかく演奏技術がすごい。このページを見つけるまで、私は自分の歯笛を相当修練を積んだかなりのものだ、と思っていましたが、とてもとても。Fred Loweryの口笛、なんとすばらしい音であることか。ビブラートだのトリルだのスラッターだのは当たり前にこなし、そんなテクニック以上に、豊かな情感がこもったきれいで楽しい音でして… ああもうグダグダ言う前に聞いてもらうのが一番。こちらの試聴ページで彼の演奏がたくさん聴けます。有名かもですが「I Whistle a Happy Tune」なんかほんといいなぁ。

日本でも、プロの口笛吹きの分山貴美子さんの公式ウェブサイトもくまさあきさんのウェブサイト(音あり)というのもあるようで。一回は生で聞いてみたいなぁ。2chの音楽サロン板では、「口笛を極めませんか?」というスレでみんなが口笛を吹いてアップしています。たまには、ひとつ深呼吸、口笛でも吹いてリラックスしてみましょうか、ね。
2005年 1月 30日 (日)

ソニー、2004年度第3四半期決算−「音楽コーディックには戦略的な誤りがあった」 AV Watch [04:03] 
  『ソニーは27日、2004年度第3四半期(2004年10〜12月)連結決算を発表した。売上高は前年同期比7.5%減の2兆1,482億円、営業利益は同13.0%減の1,382億円、税引前利益は同5.4%減の1,492億円、当期純利益は同55.3%増の1,438億円。同社は1月20日の段階で下方修正を発表しており、それに準じた内容となった』
つい数年前は、日経ビジネス・東洋経済・エコノミストそしてダイヤモンドの著名経済誌4誌のどれかに毎週ソニーの名前が踊り、独創的な製品のみならず、アメリカの経営システムをいち早く取り入れて意思決定体制でもその先進性をアピール、「ソニーにあらずんば人にあらず」的な勢いで我が世の春を謳歌していたのに、世の中の有為転変はただならぬことです。業績の詳細は標題リンク先にてかなり網羅的に挙げられているのでそれを参考にしてもらうとして、いったいどうしてこうなってしまったのか、というところなのですが。

非常に控えめに言うならば、ソニーの持つ「独自性」の舵取りがぶれていると表せましょう。逆に手厳しくいうならば、ユーザを完全に無視して「まず製品ありき」の開発手法を取っている以上この業績低下は当然とすることができましょう。とにかく、ソニーの製品はユーザに対していろいろな点で厳しい。ユーザインタフェース然り、汎用性然り、不具合とそれへの対応然り、そして価格然り。標題リンク先の記事でも述べられている、音楽データの圧縮技術について、
『井原副社長は、この分野に向けて、「ソニーは音楽のコーディックに関して、戦略的な誤りがあったと思っている」と語り、「守るべき技術と、採用すべきオープンな技術をどう選択するかという点で混乱があった。パソコンの世界ではMP3が多くのユーザーが利用しているのにも関わらず、なぜ、ソニーはこれを採用しないのか、というのはユーザーの視点からみれば当然の問題提起だが、これをやっていなかった反省がある。結果として、ビジネスにネガティブなインパクトを与えた』
とあるように、その当時から既にインターネット上を含めデファクト・スタンダードとなっていたmp3圧縮に対抗して著作権保護技術をウリにソニーが独自に創り上げたATRAC圧縮は、結局ほぼソニーの製品のみが対応しただけでした。我々から見れば、この技術を出してきた当初から汎用性についてグチグチと言ってきたことがまさに当てはまっているわけで、「何を今さら」というべきこの副社長の時機に遅れた発言こそ、現在のソニーの体質を表しているといっても過言ではないでしょう。mp3圧縮を在野の趣味的技術として舐めていたとしか思えないその独自路線への執着は、ソニー製品の市場からの駆逐を招き、wma圧縮やogg圧縮にも見向きもしなかったことがそれに拍車をかけて、現在ipodの独壇場となっているのです。これを今からおっとり刀で切り崩すのは、容易ではありません。

他にも、シェアがどんどん削られてSDメモリーカードに市場の半分を占有され、これからどうしたらいいのか全く分からないメモリーカード市場におけるソニーのスマートメディア規格、PSPの不具合に対する久多良木社長のユーザ無視にとどまらずユーザに対する傲慢といってよい
『使用する液晶画面はこれ以上小さくしたくないし、PSP本体もこれ以上大きくしたくなかった。ボタン位置も狙ったもの。それが仕様。これは僕が作ったもので、そういう仕様にしている。明確な意思を持っているのであって、間違ったわけではない。世界で一番美しいものを作ったと思う。著名建築家が書いた図面に対して門の位置がおかしいと難癖をつける人はいない。それと同じこと』
という発言、その他現在のソニーの体質を表している事例は枚挙に暇がありません。もしこの体質が、ソニーの独自技術の偏重、特に独自技術を開発した技術部隊がその特許実施報酬欲しさに標準化を無視して独自技術の自社技術の製品への搭載をごり押しし、経営陣もそれを止められないことに原因があるとしたら、ソニーにはこれから二度と陽の光を浴びることはないでしょう。経営陣の刷新が急務です。それも、トップダウンで。ただ、久多良木社長がああいってるようでは、それも無理かもしれませんけどね…

悲しいかな、革新性に満ち溢れ、ベンチャーの雄ともてはやされたのは今や昔、過去の栄光にすがり付いて生き長らえているブランド企業の風体しか、今のソニーには見えないのです。
2005年 1月 29日 (土)

中部国際空港の南の新市、名は「南セントレア市」に 朝日新聞 [01:02] 
  『来年3月の合併を目指す愛知県美浜町と南知多町の法定合併協議会は27日、新しい市の名称を「南セントレア市」とすることを全会一致で決めた。新市北隣の同県常滑市沖に2月17日開港する中部国際空港の愛称「セントレア」にあやかった』
あれなのかな、地方自治体の議員とか職員には一定数のバカを採用しなければならない、とかいうような法律って制定されてたんだっけ? 山口県議会のイチローロードの例は記憶に新しいけれど、地方自治体の人たちは、何かまさに言葉の真の意味においてリアルバカが各地にいるんじゃないかと思えて仕方がない。上のような法律が制定されているのであればしょうがないけれど、ね。

いやーしかしセントレアて。あれだよ、そもそもセントレアってのが中部国際空港の造語で、Central Japan International Airportという英語から、ありえないぶっこ抜き方をして「Centrair」という愛称をつけたわけだよ。そして、その愛称を、この空港の南にあるだけで、この空港が属する自治体(常滑市)でもなんでもないところがさ、勝手に借りてきてつけてるわけだよ。これをバカと言わずして何をバカというか。
『新空港の愛称を使った案は公募ではゼロだったが、委員案には「南セントレア市」「セントレア市」「遷都麗空(セントレア)市」の三つがあった』
えー、もはや突っ込むところが多すぎてどうしたらいいのか分かりません。名ばかりの公募であり最初から委員たちが決めた名前をつけるつもりだったというこの余りに堂々としすぎな出来レースっぷりもバカ丸出しですが、「遷都麗空」でセントレアと読ませるところなど、世の中のあらゆるバカをぶち抜いてバカ最強の金字塔としてまばゆいばかりに輝いております。お前らどこの暴走族なんだと。しかもあれか、遷都という漢字まで使って東京から愛知に首都機能を移そう運動をアピールか。あと何回この件についてバカと書けば気が済むのか、今こうしてこの記事を書いている自分にも分かりません。
『当の新空港自体、知名度の向上が大きな課題だけに、「認知されたことを喜ばしく思う一方、全く想定しないケース」「コメントは差し控えさせていただく」と戸惑っている』
そりゃコメントできないだろ。やっぱ新空港としては今が肝心、「バカかお前ら」とは面と向かって言いにくいもんな。だからオレがあんたの分まで言っておいてやるよ。バカか愛知県美浜町と南知多町の法定合併協議会は。
2005年 1月 28日 (金)

Black : もうヘトヘトでも、2chVIPを見ればほんの少しだけ元気に [00:42] 
  なれるバカでございます。前にぢぢさんとこで紹介されていた「クオリティの城ラピュタ」がいつのまにかdat落ちでがっくりだけど、あともう少しで帰るから待ってろよヨメ… って、そいえばヨメは今日の更新にもあるとおりバイトが決まったらしいんで、早起きの練習のためもう寝てしまったんだった。しょんぼりだ。
2005年 1月 27日 (木)

気になるスレ : 2ch そういえばあの頃俺たちが作った秘密基地は [04:03] 
  VIPより、ふと振り返るあの日を微笑みつつ、そしてしっかりと前を見つめたいスレ。

自分を中心に半径2メートルしか見なくてよかった子供のころ、秘密は半ズボンのポケットに収まるほどささやかで、けれどとっても大切だった。何か知らないうちに、それをどこかに置き忘れたまま大人になってしまったけれど、やっぱり何か知らないうちに、その落し物が、こうしてVIPに転がってた。私の思い出はここに書き記すことはないだろう。このスレで思い出した。それで十分だから。一瞬の邂逅。それだけでいい。私は少し休憩した後、また再び歩き出す。このスレに感謝して。
2005年 1月 26日 (水)

敬語に具体的指針 文化審議会国語分科会が報告書案 産経新聞 [12:46] 
  敬語については本サイトで何度も何度もそれこそじいさまの繰言のごとくに腐して書いてきていますけどね、ほんとね、仕事では対等に話したいからタメ口を使ってますなどという輩に早く誰か鉄槌を下してくれと。一般社会の仕事上の関係であれば対等な関係では最低限丁寧語を使うことになってるんだと。あと尊敬できる人がいないなどとうそぶく輩にもだ。どこかで尊敬語や謙譲語は尊敬できる相手に使うと教えられちゃったんだろうか。そうではないということすら知らない人は不幸かつ無知で憐れみをもって眺められる対象であり、ましてやそのような輩が自らにおいて尊敬の対象になることは金輪際絶対にありえないことでしょう。どうせやるなら苦笑を通り越すレベルでやってくれよ(動画音あり)。しかしこのゆうこりんは手話でもしてるのか多動児なのか何なのか…
『文化審議会の国語分科会は、誤った使い方をされた敬語が氾濫(はんらん)している状況に対し、実際に使う場面や言い回しを示した「具体的な指針」の作成が必要とする報告書案をまとめた』
これは欲しいね。まさかいないとは思うけど、「いただいてください」とか使ってる人は必見だよ。もちろん私もまだまだ使い方がなってない。これが出たら必ず見よう。
『現在使われている常用漢字についても、パソコンなど情報機器の普及に対応して見直す必要性があるとした』
漢字もね、随分と書きの能力が落ちてきて情けない限り。例えば本記事のコメント一行目「腐して」と書きましたが、この読みや意味はいいとして、PCを離れた場合、適時に即自筆できちんと書けるかというと、まあある程度は何とかなるだろうとは思いつつも、一抹の不安はどこかにあるわけで。

ほんと、その時々に応じたきれいな美しい日本語を使いたいものです。身を飾るのがアクセサリーであり、心を飾るのは美しい言葉と所作であるという視点は、強ち間違ってはいないと思うから。

【画像】12歳の幼い肢体 ナースメイド
[00:28] 
  何つーか、彼女にはカネだけでなくいろんな欲望がかけられていそうな気がするよ。




なお、年齢の点についてはこちらを、さらに彼女の詳細をご希望の方はこちらでもご覧になれます。うーん、どうも余りぱっとしないねぇ。
2005年 1月 25日 (火)

Black : よしたにさん、炎多留レビュー、マジお疲れ。 [03:39] 
  内容を見るに、オレほんとがんばってよかったと思った。いや、役満振り込まないでよかったと思った。まあ次も何か期待しているのでよろしくね。

気になるスレ : ふたばちゃんねる オナホール職人の朝は早い
[02:49] 
  ふたばちゃんねる(虹裏)より、廃れつつある日本の伝統を描くスレ。

あまり長くはないですが、プロジェクトX風味でオナホール職人の創り上げる伝統とその裏にある試練を高らかに歌い上げています。ああ、我々が手にするオナホールにはこんな血と汗と涙があったんだ。思わずオナニー時に背筋も伸びるというものです。我々も、しっかりと彼らの気持ちに応え、伝統を忘れないようにしなければなりません…?
2005年 1月 24日 (月)

【食事中注意!】気になるスレ : 2ch 半年くらい前に炊いてずっと放置してた米が・・・・ [12:17] 
  VIPより、ogrish.comなど朝飯前、数々のグロ画像を見てグロ耐性に自信のある私がげんなりしちまったスレ。

ううええぇぇぇっぷ。何かどろどろしてる、どろどろしてるよ… 半年放置したご飯の様子が克明に描かれております。いや、別にちょうど今がお昼の時間だからって狙ったわけじゃないんだよ、信じてよ。ただ、食事中またはこれから食事に出る方々は、それを終えてからにした方がいいかと思われます。いや、私は食事はこれからなんだけどね。いいんだ、情報発信者として悔いはないよ… うぷ。

(情報元:しゃっくりさん)

都も淫行規定、金銭授受に関係なく処罰…4月施行目標
読売新聞 [00:56] 
  『東京都は、都青少年健全育成条例を改正し、18歳未満の青少年に対するみだらな行為を禁止する「淫行(いんこう)処罰規定」を設ける方針を固めた。都はこれまで、買春などに限定した処罰規定を設けたことはあったが、青少年保護のため、今後は他県と同様、金銭授受の有無にかかわらず規制対象とすることにした。都の方針転換により、都道府県で淫行処罰規定がないのは健全育成条例自体がない長野県だけになる』
はい、とりあえずこれで東京でも10代大好きのお兄さんおじさんはしょっぴかれることになりました。つかこれってさ、こと東京だと、若い男−女子高生の組み合わせなんてそこらへん歩けばすぐにぶつかるわけで、そのあたりを無差別爆撃的職務質問攻撃で簡単に検挙できるんじゃないか? まあこれで問題が解決するかっていうとそんなことはないわけで、淫行条例があるにもかかわらず東京よりも10代の中絶数がぶっちぎって多い北海道の例を挙げるまでもなく、法律は性欲に勝てない。地下にもぐるだけ。これはね、供給源である女性の方に働きかけてどうにかしないとダメな時代に来ているんだと思いますよ、実際。まあ日本人男性のロリっぷりは江戸時代やそれ以前から言うに及ばずどうしようもないんだけどもさ、それに加えて、企業が行う経済活動や提供される情報において、従来よりも10代女性に働きかけるものが多くなり、それに反応した10代女性がカネや流行の具備などいろんな理由に基づいてアクションを起こすことが多くなった。だから、需要は需要で厳然としてあるのだけれど、それに対応するだけの供給がやっぱり厳然としてあるわけで。つとに言われる援助交際は、もはや女性が性的な被害者であるとは言いがたい態様で行われているケースも散見されるのです。そのような態様においてなお、大人としての理性を持つべきことは当然の前提としながらも、この場合、こうして法律により需要の方に働きかけるのはもう何度も何度もやって、それで全然成果が上がってきてない。とすれば、真に成果を上げようとするならば、従来より被害者の立場であるとされている女性の方についても、フェミ団体の執拗な抗議を跳ね除けて、何らかの働きかけが必要なんじゃないだろうか。それは別に刑罰を科すものでなくても、啓蒙をより一層徹底する形から入ってもいい。10代の性的風俗は、需要に供給が応じるという形だけではない。供給があることに反応して需要が生じるという流れが確実に存在しているのだから。

性とは極めて個人的なものであり、それに安易に規制を加えるべきではない、と私個人としては思っています。けれど、時代の趨勢としてやむを得ずやるなら、どうせやらなければならないなら、需要の方つまり男に対する処罰を緩めてはならないことを前提として、以上に書いたような方針は検討されているのか、と指摘しておきたいですね。
2005年 1月 23日 (日)

「契約の覚えないのに加入手続き」 日本テレコムの勧誘にクレーム(修正) 北海道新聞 [03:49] 
  日本テレコムさん、昔からその一部の代理店ではそのありえない強引な勧誘方法で有名でしたが、どうもソフトバンクに買収されてからそれにいっそう磨きがかかったご様子で。ヤフーBBと全く同じじゃないですか。
『日本テレコムは昨年十二月、契約時に顧客に対し加入の意思確認を徹底するよう、文書で代理店を指導した。同社広報室は「断る意味での『結構です』を『了解した』と思い込むなど、何らかの言葉を加入意思として受け止めた可能性はある。今後代理店への指導を徹底したい」と話す』
いまどき「結構です」を「OKです」と了解するという悪徳商法の常套句的言い訳が、まさか責任ある上場企業からコメントとして出されるとは思わなかったよ。どっかの先物業者の勧誘ですかこれは。それともあれですか、ソフトバンクに買収されてハングルしか理解できなくなったとかそういうことですか。

他にも、(a)回線の確認云々と言ってきたり、(b)契約内容の確認とか登録とか言って契約締結を意識させなかったり、(c)NTTと誤認させたり、などなど… いったいいつの時代の企業だよ。代理店がやっていることという言い訳はもはや通用しないよ。代理店契約を締結して日本テレコムという商号の使用を許可しているんだからねぇ。あと断ったのに何度も何度も勧誘の電話をかけてくるようだけど、契約しないという意思表示が出ている以上それ以上の勧誘は法律上禁止されているんですよ。特定商取引に関する法律第17条を100回読んで、ついでに同法の電話勧誘販売に関する章を1000回読んで、出直してこようね。

さらに詳しい情報は、ちーの日記2004年11月19日更新が逐次アップデートされていて、代理店の人からのコメントも読めるので是非どうぞ。まあ代理店の人のコメントは私個人としてはかなり割り引いて読みますが。あとは、あの荒れまくる2ch光通信板とかかね。ああ、あとまあ彼女に限って心配はないだろうけど、一応ヨメにも言っておかなければ。この手のはヨメがやっても代理権ありで契約成立なんだし。やれやれ、世知辛い世の中だ。

(修正)
上で「責任ある上場企業」と書いてありますが、日本テレコムは現在上場しておりませんでした。持株会社制に移行した後、通信部門としての日本テレコムがボーダフォン、その後リップルウッドに買収され、2004年7月にソフトバンクの100%子会社となっています。上でもソフトバンク買収を前提に書いてあるのに… ここに訂正し、お詫びいたします。コンサルタント見習日記さん、ご指摘ありがとうございました。
2005年 1月 22日 (土)

Black : ページを開いた瞬間写真に目が吸い込まれていくのを止める術がなかった。 [07:07] 
  苦労してこの長文記事を書いたニッカンスポーツの記者さんには悪いけど、写真で何もかもが吹き飛んだ。記事の内容とかどうでもいい。怖いよこの写真。

あの先行者を超えた超級呉五号
うねり [06:56] 
  先行者から続く中国人のデザインセンス、縦横の線しか書けない未完成っぷり、そして今の時代にこのニュースをジョーク記事ではなく堂々と発表する勇気には脱帽するしかない。中国4000年、まことに侮れない。

(情報元:ESUさん)
2005年 1月 21日 (金)

ブロッコリーの今期、経常赤字に転落へ(一部追加修正) [03:32] 
  『タカラ傘下で経営再建中のアニメ専門店、ブロッコリーは18日、2005年2月期の連結経常損益が3億4500万円の赤字(前期は7億3900万円の赤字)になりそうだと発表した。従来予想は1000万円弱の黒字だった。自社製作のアニメ「デ・ジ・キャラット」の人気一巡で、ゲームソフトや漫画本など好採算の関連製品販売の不振が続く』
ああ、やっぱりダメぽいね。オタク産業はこれだから怖い。オタク特有の熱しやすく冷めやすい性向が、製作者への恒常的な売上計上を許さないのです。いったん火がつけば、漫画やアニメから始まって単行本DVDフィギュア映画グッズとオタクたちは貪欲なまでにその「萌え」を求め、次々と手の届く限りのものをかき集めていきます。そこにあるのは身体中に手を這わされ、眺められ、舐め回され、時には白い液体までかけられる欲望の対象たる「萌え」。けれど彼女は健気にも自らの命を削ってオタクたちの欲望を全て受け容れてそれに応え、そして、疲れ切り、痩せ細り、静かにその短い一生を終えるのです。オタクの欲望は余りに熱すぎて、対象をすぐに腐らせてしまう。その対象たる「萌え」を余りに早く陳腐化させすぎるのです。

次々と同じレベルの「萌え」を作り上げることは、限りあるリソースからはほぼ不可能と言えましょう。オタクたちは贅沢であり、一度体験したものに類似した「萌え」にはもう飛びつかないから。常に新しく、同時に彼らのプライドを充たす「小粋な萌え」「奇異ではないがややニッチな萌え」を探し出して製品化することなど神の御技。そのことは、アニメで10年以上第一線に残って勢威を振るっているものがほぼ皆無であることにより証明されることでしょう。5年保つのだって非常に困難。さらに、最近の傾向としてのオタクの一層の細分化による過度のニッチ化・矮小化が、オタク向け商品をコア・コンピタンスにすることの危険となりつつあるのです。最近ようやく手続が確立しつつあるとはいえ、アニメコンテンツが投資の対象にしにくいものであるという評価の原因のひとつには、安定したキャッシュフローが入らないことがあるのです。

なのに、ブロッコリーはデ・ジ・キャラットとギャラクシー・エンジェルに固執しすぎた。新陳代謝を図らなければならないのに、既存の「萌え」の多媒体展開を図ってしまった。これらの作品は一時期確かにオタクたちを席巻しただろうが、彼らによって消費され尽くし既に陳腐化してしまった「萌え」は、その後の多媒体展開では容易に収益を上げることができず、ただそのためのコストだけがかさんでいった。加えて、親会社のタカラも芳しくない状況。ここまで来る前に、ひとつバクチを打つべきだったのかもしれない。けれど、今となっては… いや、またひとつとりあえず新しいものを生み出せば当座は保つ。何か新しい「萌え」を。ギャラクシー・エンジェルのミュージカルなんてやっている場合じゃない。新陳代謝あるのみだ。ここはそれに… タイミングよくブロッコリーから新しい「萌え」が生み出されるという奇跡に期待するしかない。

でも、奇跡って、起こらないから「奇跡」っていうんだよね…

(追加)
そうそう大事な点を忘れていました。ブロッコリーの凋落の原因の最初の方にあるのが、ゲーマーズの展開だった。店舗展開にかかる固定費の増大が会社の体力を蝕んでいったんだった。そしてその後に続くのが、デ・ジ・キャラットの一部脱オタ路線による展開じゃないだろうか。確か、一部子供に向けて発信していったでしょ、あれ。あそこでどうも徹底できず、うまく行かなかったんじゃないかな。その転換で何かターゲットがオタクと子供のどっちなのかボケちゃって中途半端っぽくなった印象がないですか?

































MailTo:BlackAsh Admin
© 2001-2003, BlackAsh, All rights reserved
Since 01/08/26 Printed in Japan