ADMIN

- BlackAsh News!! -

過去ログ
2001 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 21                        
2002 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2003 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2004 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2005 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2006 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2007 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2008 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2009 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2010 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2011 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2012 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2013 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2014 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2015 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2016 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2017                            3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21



BlackAsh News!! 新着順 - 9月 21〜 -
2006年 9月 29日 (金)

大毅、歌どころじゃない!罵声&乱闘、冷や汗判定勝ち スポーツ報知 [21:38] 
  プロボクシング8回戦 亀田大毅−バレリオ・サンチェス

Blackの採点 76-76でドロー
亀 ****9999 76
サ 9999**** 76

前回は長男の亀田興毅選手の世界戦の採点をしてみたが、それと同じ方式で、水曜日に行われた次男の大毅選手の採点をしてみた結果が冒頭である。こうやって判定にもつれ込んでくれると、亀田興毅選手も大毅選手も全力を出さざるを得ないので、現時点での実力を容易に知ることができる。非常によい傾向である。今回の大毅選手も、鼻血に加えて右目まぶたカットにより流血する中でフルラウンドやりあって、手加減している様子は微塵もうかがえなかった。これが現在の大毅選手の全力と言っていいだろう。それを踏まえて論評してみよう。

結論を端的に示すと、17歳という年齢を考えれば、日本で8回戦をやっても不相応とまでは言えないだろう。しかし10回戦はやや役者不足の謗りを免れまい。ましてや世界ランキング入りの話が出るなど冗談としか思えない。その程度の実力であると考える。相手のサンチェスは、これで世界ランカーになれるのかと思ってしまうほどにスピードもパンチ力もなかった。ただ積み重ねた経験、言い換えれば試合を試合として成立させるだけの頭脳と、手数はきっちり備えていた。大毅選手は、その相手の意図と手数を打ち砕くだけのスピードもパンチ力もスタミナも頭脳もなく、ただ頭を付け合う展開にグダグダにされ、徒らに疲弊し、結局最後まで何もできなかった。試合を一言で評するならば、凡戦という単語がかっちりと当てはまる。そしてその原因の一端に、大毅選手の弱さがあるのだ。

このサンチェス戦で大毅選手の出来たこと出来なかったことについては、以前亀田興毅選手について論評したBlackAsh Newsの8月3日とほとんど同じである。トレーナーでありかつ父親でもある亀田史郎氏の指導があってこうなっているのだろうが、その技術のみでは世界に通用しないことは明々白々、それ以外の偶然その他の出来事により、結果的にそうなっているように見える。以下、大毅選手の分析を試みる。

出来たこと(持っていたもの)
・高いガードの維持
・ブロッキング
・大振り気味の左右フック
・左右ボディフック
・前へ出ること
・極まれにジャブ
・激軽オープンブローポコポコパンチのまとめ打ち

出来なかったこと(持っていなかったもの)
・ウィービング
頭を振っていればジャブで鼻血を出すことはなかっただろう。
・ダッキング
頭の位置が始終同じだからコツコツ打たれるのだ。
・スウェーバック
身体特に下半身が堅い。始終前傾ではどうしようもない。
・パリング
ただブロックするだけじゃダメージが積み重なるのは当たり前。
・フットワーク
ずっと相手の真正面に立ち続けて、ジャブのいい標的になっていた。
・柔軟性
力が入りすぎ。身体が堅すぎてどうしようもない。特に下半身の堅さは致命的。
・ジャブへの対処
ガードの間を抜けてくるジャブに何も出来なかった。
・アッパーへの対処
下がスカスカなあのガードが全ての元凶。亀田興毅選手戦でいやというほど弱点を露呈したにもかかわらず、大毅選手はガードを閉じるなどの対策を取らず、ショートアッパーを食らい続けていた。
・大半のラウンドでジャブ
後半、小さいジャブを打っていた。あれは彼の攻撃の中で一番マシだった。あのジャブを起点にして攻撃をつなげていけばいいのに、ほとんどやらなかった。
・大半のラウンドでストレート
あれだけくっついてしまってはストレートが打てるはずがない。中間距離で打たれるのが怖いのだろうか、とにかくくっついての超接近戦でフックを振り回すだけでは、ボクシングとして稚拙である。
・コンビネーション
ポコポコパンチはコンビネーションではない。あのオープンブローっぷりはミッキー・ロークの再来かと思った。
・パンチ力
はっきり言おう。今のスタイルで続ける限り、パンチ力はない。言い換えれば、強いパンチを打つ技術がない。パンチ力があるのであればサンチェスは倒れてもいいのに、全く微動だにしないのがいい証拠である。あの接近戦でKOレベルの威力を持つパンチを打つためには、足首、膝、腰の回転が非常に重要なのであるが、前述のとおり身体が致命的に堅く、しかもベタ足で、足腰と膝が有効に使えないため、かなりのパンチが手打ちである。それでは倒せるほどの強いパンチを打てるはずがない。
・パンチの強弱
攻撃が単調に過ぎる。メリハリなくぶんぶん振るか単発でボディか、それだけで何が世界ランクか。
・打たれ強さ
鼻血が出やすいらしいので、その意味でもこのブロックしかしないスタイルは危険である。鼻血は大きなスタミナロスを招くのであるが、ブロックの上から殴られても鼻血は出るのだから。
・スタミナ
8ラウンドさえ保たないとは、いったいどれだけしょぼいトレーニングなのであろうか。鼻血によるロスとフック振り回しによるロスが大きいのだろうが、両方ともに事前にわかっていること。そうであれば何らかの対策を打つ必要があるのに、何もなくただ前に進むだけ。話にならない。
・クレバーな作戦
作戦もへったくれもない、ただ単に前に進むだけのボクシング。亀田興毅選手の時から相も変わらずセコンドも無策だ。

今回の試合で、亀田ファミリーのスタイルについてまたひとつウィークポイントが浮き彫りになったことは記しておくべきかもしれない。今まで、私はちょっと気の利いたアウトボクサーならば、ジャブ一本で面白いように亀田選手を翻弄し、亀田選手は為すすべなくフルラウンド遊ばれるだろう、と書いてきた。これは変わらない。さらに、今回の大毅選手戦で、少なくとも大毅選手では、亀田ファミリーが望むはずの接近戦からさらに踏み込まれたゼロレンジの超接近戦で、何もできないことがわかった。下半身の柔軟性がないので、頭を付け合っての押し合いになると効果的なパンチが打てないのだ。せいぜいが単発のボディフック、頭部への攻撃は手打ちの左右フックだけではどうしようもない。ショートレンジでのジャブから攻撃の組み立てができないこと、そして下半身の使い方がモノを言う左右のショートアッパーを会得していないことは、インファイターとして致命的であろう。36歳引退間近の線の細い選手を相手にしてドローレベルの押し切れなさであるから、ちょっと気の利いた生きのいいインファイターであれば、逆に大毅選手を押し切ってブルファイトを制すか、または巧みに身体の位置を入れ替えながらコツコツと有効打を積み重ねていけるだろうことは容易に予想できる。身体が堅いのでパンチのダメージをまともに溜めてしまうのは、亀田興毅選手が世界戦で後半フラフラになっていたことからもよくわかることである。またこれは逆に、相手が倒されたくなかったら思い切りくっついてグダグダダラダラすれば何とかなるということである。今までそういうマッチメークがなかったのは、ひとえにジム側の配慮であろう。

さて、肝心の試合であるが、今回はジャッジがおかしいとは私は思わない。ドローか、1ポイント差でどちらかの勝ちか、といったところである。そういう僅差でたまたま大毅選手を評価したジャッジが二人いたことに、取り立てて驚きを感じることはない。むしろ、亀田ファミリーの番組は、試合そのものよりも試合後それぞれが繰り広げるドラマこそが見所である。特に今回は、スポニチによれば
『史郎さんは「有効打で大毅の圧勝のはず。観客が騒いだのも判定のせい。好き嫌いで採点をつけられたらたまらん」と3人のジャッジに怒りの矛先を向けた』
という亀田史郎氏の発言に大いに突っ込みたいところである。前回の亀田興毅世界戦の後、氏は何と言っていたか。氏は「ジャッジは手数を取る人もいれば有効打を取る人もいる。ジャッジの採点に文句をつけるな」と連呼していなかったか。自分の都合のよいようにあっさりと発言が食い違うのは、まさかまさか世界チャンピオンを3人も育てようとする偉大な人間がわざとこのようなことを意図するところではないだろうから、単純に前回のことを忘れて言ってしまったのであろう。しかし、それにしても「前回」とはたった1ヶ月前のことである。これはどういうことか、もしかして氏の記憶に障害が生じているのではないか、と他人事ながら心配である。
また、私の記憶では、亀田史郎氏か亀田興毅選手は「前半は完璧に取っていた」とも言っているが、私の採点でも全くそのとおり、前半は、第3ラウンドは微妙ながらも、4つ通して大毅選手のラウンドであった。ただ後半全部取られてドローになっただけである。前半完璧にとっていようが最終的にドローになるのは何ら問題のない話であり、8ラウンド制で前半4ラウンド取っても後半4ラウンド取られればドローになるという簡単な計算もできないのか、もしかして計算能力に障害が生じているのではないか、と他人事ながら本当に心配である。
さらに、亀田史郎氏は、サンスポによれば、
『史郎さんは「大毅はクリーンヒットなんてもらってない。こういうジャッジをするから観客も調子に乗ってヤジを飛ばすんや」と吐き捨てた』
と言ったようである。しかし、ニッカンスポーツの記事の写真を見ると、どう見ても小さいパンチやガードの上からではなく、ものすごい勢いでアッパーのクリーンヒットを食らっていることがわかる。他にも、スポーツナビの試合後の写真を見ると、大毅選手の顔は明白に腫れていることがわかる。これはどうしたことか、亀田史郎氏の視力はリングの上が見えない程に、いやリングから降りて隣にいる次男の顔さえ見えない程に悪化しているのか、もしかして目に障害が生じているのではないか、と他人事ながら本当に心から心配である。

こんなに周囲に心配をかけまくる亀田史郎氏にさすがに愛想が尽きたのか、ここになって、特製ベルトをくれたほどじっこんであるはずのWBA本体から審判委員長が「わたし自身の採点では亀田が3ポイント差で負けていた」と発言され、テレ東社長とフジテレビ社長により相次いでTBSの亀田戦を批判され、そして頼みのTBSも大晦日には亀田戦は放映しないと明言するなど、何か裏で合意でもあったかのように一気に逆風が吹き荒れている。今回の大毅選手戦の放映でも、スポットCMばかりで番組提供としてのスポンサーが前回ほどついていた記憶はない。ついでに何だかよくわからんばかばかしい乱闘騒ぎでひと悶着まで。何と言うか、いやぁみんな手のひら返すの早いなぁ、と秋の風を感じつつ空を見上げる次第である。次は10月中旬に亀田興毅選手のランダエタ再戦であるが、やはりもうここではしっかり豪快に負け、それを亀田興毅選手もさっぱりと「いやぁ、今回は完敗やった。俺があかんかったんや。もっと努力しないといい王者にはなれんな」と微笑みすら浮かべつつ謙虚に認めて、次々回「敗北からの再生」「どん底からの復活」というシナリオに書き換えないと、もういい加減番組として保たないように私には思えるのであるが、いかがだろうか?

ともあれ、まだもう少しいろいろな意味で「面白い」番組は続くようであるから、今後も要チェックであることは間違いない。せいぜい楽しませてもらおうではないか、この番組を。がんばれ、本当にがんばれ、亀田ファミリー!

































MailTo:BlackAsh Admin
© 2001-2003, BlackAsh, All rights reserved
Since 01/08/26 Printed in Japan