ADMIN

- BlackAsh News!! -

過去ログ
2001 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 21                        
2002 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2003 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2004 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2005 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2006 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2007 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2008 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2009 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2010 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2011 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2012 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2013 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2014 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2015 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2016 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2017       10 01 11
9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21



BlackAsh News!! 新着順 - 1月 21〜 -
2010年 1月 29日 (金)

Black : 夏コミ申し込んだのでとりあえず [19:42] 
  8月までは生存決定。今回は総集編とかも大赤字覚悟で作っちゃおうかしら。もはや採算とかどうでもいいです。どうせカネがあれば同人誌購入に使うんで、詰まるところ使い道が変わるわけでもない。

5,6年ぶりに小説読んだ。米澤穂信の古典部シリーズ。人気らしいね。ラノベではないという体裁と分類だけど文体は明らかにラノベ、主人公たちが高校生にしては無茶な語彙を使いつつ軽いタッチの文章というある意味典型ではあり、まあそれなりに楽しめる。メインは青春小説みたいなもので、ミステリ部分はまあ何というか、いやまあ作者は確実に多くのミステリを読んで勉強していて、それを踏まえて書いていることはわかるけれど、有体に言うならばスパイスのようなものか。というかまだ3冊目「クドリャフカの順番」の途中で、ここに来て4冊目の短編集「遠回りする雛」でえるちゃんが間違いなく激萌えて大化けしてくれるだろう予感がなきにしもあらず、というところでこの休日に読了予定。

27日までの漫画をいろいろ査収。
各都道府県の普遍的な性格を擬人化した基本4コマの「うちのトコでは」は気軽に読める。もともとウェブサイト「御かぞくさま御いっこう」で連載されていたものではあるけれど、一応ペン入れに修正は加わっているので、しばしばウェブや同人上がりの商業漫画に見られるような「書籍化による萎えクオリティ」とは(ぎりぎりながら)なっていない。小さいころからいろいろなところを引っ越して回り、学生時には地方色豊かなサークルに所属していた私としてはなかなか興味深い。ただ、阪神淡路大震災に関係するストーリー漫画が収録されているので、その手のものがダメな人は要注意。

美術系大学合格を目指して頑張る高校生の甘酸っpああもうつまりはそういう感じな萌え系4コマ「ぽすから」は、もはやヒロイン門見茜のキャラクターのみが見所。引っ込み思案で読書家なメガネっ娘のほのかな思いというこのど直球ど真ん中な設定はもはや食傷どころの話ではない。ない。ないんだが、当然ながら茜のかわいさに完全に絡め取られてとっ捕まるのが我々萌え万歳主義者の辛いところ。とにかく茜の照れる顔笑う顔戸惑う顔その他諸々いろんな表情のかわいいことかわいいこと。これで茜をひどい目に会わせたら俺はキレるね。頼むから絶対に2人一緒に合格させてやってくれ。正直壁とか試練とか要らない。白樹と茜のどっちが浪人しても必ず茜がしんどく考え込んでしまうのは間違いなくて、ストーリー展開と主人公の成長モノを打ち出した本格漫画ならともかくだよ、萌え系4コマではそんな茜はひとかけらほども見たくはないわけだ。そのうまい絵で必ず茜の笑顔を描き切ってくれることを切に希望する。
2010年 1月 25日 (月)

35歳で年収300万以下 団塊ジュニアの苦難続き人生 J-CASTニュース [20:19] 
  『「年収210万 35歳 今は老後が不安でしかたない…」
「年240かな。もちろん嫁も子供も彼女も無し。来年35歳」
「社内SE 年収300万 独身 労働時間が長すぎて『生きる』時間がない」
インターネット掲示板「2ちゃんねる」には、「35歳・年収300万以下」のユーザーによる嘆きのコメントが並ぶ。「団塊ジュニア」と呼ばれる35歳の人口は、およそ200万人』


私は滅多に2000年以降のJ-POPを聴きません。けれど今は、

ほら、あなたにとって大事な人ほどすぐそばにいるの。
ただ、あなただけに届いてほしい。響け恋の歌。
(MONGOL800「小さな恋のうた」)

そんな歌を聴きながらこの記事を読むのです。団塊世代の尻拭いをしていると夙に言われる「団塊ジュニア」にもまして、余りにも馬鹿馬鹿しい現実を知ってしまった私たち「ロスト・ジェネレーション」には、恋の歌はもう響かないのではないでしょうか。恋の歌が届いた後に待ち受ける現実が容易に想起できてしまう、絶対に起こり得ないことが起こってきた、それをまともに浴びてしまった私たち30代前半の「失われた世代」には、それを描くことなくただひたすらにまっすぐ恋だけを歌い上げる歌を信用しないのではないでしょうか。
別にネット上の書き込みを正当とするわけではありません。しかし、標題記事にて触れられている、もはや叫びですらない淡々とした述懐の前には、どんな恋も愛もその輝きを失うように、私は思うのです。

『35歳前後の世代は就職氷河期に見舞われ、新卒でも非正規採用が続出した。何とか正社員になった人も、今度は長引く不況で会社の業績が不振に陥り、年収に影響が出てきた。特に最近顕著なのが、ボーナスなど一時金カットによる年収減だ・・・ 「仕事に就いている人は、とにかく今の仕事を手放すな、としか今は言えません」』

どんな希望も夢も、ましてや

もう二度とあんなに誰かのこと愛せない。そう思ってた。
でも今は情熱が目を覚ます予感がしてる。
(EXILE「Lovers Again」)

情熱が目を覚ます予感なんぞはこの現実の前では全く説得力を持たず、全くもって「会社は従業員を消費者と見ない」という事実が普遍化し、全ての感覚を鈍磨し尽くしてしまった私たちは、生産的活動を行う気力など根こそぎ奪われて久しく、政権が変わっても、というかそもそもが小沢は古い時代の自民党出身であり何も変わったなどと思っておらず、そして政権交代後に生じた脱税だの不正献金だのという事実は政権交代前と何も変わっておらず、当然の結果に得意気な、そして余りに無力な笑いしか浮かべることができないのです。

恐らくは自分の子供という存在があるだけで、生活に余事と比肩し得ない張りが出るのでしょう。この子のために命を賭けて、何が何でも守ってみせるという感覚が浮かぶのでしょう。それは私は否定しませんし、むしろそういうものが連綿とこの世界をつなげてきたことに、そしてその結果のひとつがまぎれも無くこの私にあることに、驚きの念を抱き、かつ感謝を捧げざるを得ません。しかしながら、幸運の女神はとっくにその髪形をショートカットに変えて、社会に進出して元気いっぱいに闊歩するその歩みは間違いなく昔よりも早く、後ろ髪など掴むことはできないこの時代、そしてこの世代、一度失ったものは二度と取り戻すことはできず、ましてや人ひとりを殺してしまったような身であるとするならば、それ故に、これ以上のものを得ることはできないし、その資格などどこにもありはしないのです。

































MailTo:BlackAsh Admin
© 2001-2003, BlackAsh, All rights reserved
Since 01/08/26 Printed in Japan