ADMIN

- BlackAsh News!! -

過去ログ
2001 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 21                        
2002 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2003 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2004 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2005 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2006 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2007 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2008 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2009 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2010 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2011 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2012 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2013 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2014 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2015 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2016 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2017                            3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21



BlackAsh News!! 新着順 - 12月 21〜 -
2006年 12月 31日 (日)

Black : みなさんコミケ今年一年本当にお疲れさまでした。 [23:59] 
  やっぱり祭りが終わると年の瀬になると、ちょっと感傷的になってしまうものです。けれども気持ちはいつだって気の持ちようで切り替えられる、積みCDの塔の忘却やらかしたことの忘却と来年の夏に向けた購入意欲これからの生に向けた意欲、それが人間という生物の持ち味でもあります。この夏と冬この一年、いろいろとありましたが、手伝ってくれた人みなさん、ほんとうにありがとうございました。来年の夏も来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

なお、情熱と冷静の間に電波が紛れ込んでいるようですが、何ら問題ありません。
2006年 12月 28日 (木)

マック食べた!23日の売上高21億5300万で最高 読売新聞 [10:10] 
  『日本マクドナルドは27日、全国の店舗(営業3795店舗)の23日の売上高が21億5300万円と1日あたりの過去最高を記録したと発表した。クリスマスイブ前の祝日で客単価の高い家族連れが多かったうえ、早朝や24時間営業など営業時間延長の効果が現れたとしている』
1日で21億5300万円という数字を見ると驚異的ですが、1店舗あたりに引き直すと、各店だいたい56万7325円となりました。いや、これもかなりすごい数字なんですけども、どうも余り迫力がありません。外食産業って大変だな、と思いました。しかも、その「家族連れ」ですが、この記事には書いてありませんが、22日からハッピーセットにポケモングッズがついており、さらに23日限定でポケモンポスターがついてきたそうで、子供にねだられてポスター狙いでハッピーセットを頼んだ家族連れが多かったものと推測されます。ポケモンの威力恐るべし、といったところでしょうか。

最近マックシェイクのあのどろり感を求めにマックに何回か行ったのですが、何かどうも、前にも増して店内がカオスですよね。休日だったのですが、睡眠しに来てるジャンパーを着たおじさん、視線がどこをさまよっているのかぼーっとして座ったまま動かない20代半ばのお兄さん、部活帰りかでかいスポーツバッグを持った男子高校生3人組が大騒ぎ、小学校高学年か中学生と思われるパステルな私服の女の子4人がクーポンを持ってうろうろ、スーツを着た営業っぽいサラリーマン風の青年が携帯を忙しく弄くり回す。奥には子供連れの家族が表情乏しく、そこに三十路のデブオタメガネな私がよれよれのトレーナーで入り込む。統一感なんて何もない、モザイクのような店内風景。普通の飲食店で見られるような、ターゲットを絞った結果による一定の雰囲気の醸成とはかけ離れたものでした。それはまさしく、どのような客層も取り込んで食わせてしまうマクドナルドの強みであり、かつ、主要客層のターゲットを絞りきれていないことによる迷走を繰り返すマクドナルドの弱みでもあり。喫煙可だったのですが、子供さんもいることもあり、どうもタバコをくゆらす雰囲気でもなかったので、マックシェイクのストローがぞぞぞと音を立てる前に、そそくさと片付けて帰ってきた休日の昼下りでした。
2006年 12月 26日 (火)

訃報:ジェームス・ブラウンさん=米ソウル音楽界の大御所 毎日新聞 [02:23] 
  変な時間に寝て、今起きてニュース見たら。何てこった。言葉も出ない。今在る全ての現代音楽に影響を与えたと言って過言ではないJB。何かもうすごいショックだ。改めて1971年パリ・ライブの動画を見た。こっちもパリ・ライブ。泣けてきた。

本当に偉大なミュージシャンでした。 R.I.P.
2006年 12月 24日 (日)

「塾は禁止」 教育再生会議で野依座長が強調 朝日新聞 [12:25] 
  『政府の教育再生会議の野依良治座長(ノーベル化学賞受賞者)が8日に開かれた「規範意識・家族・地域教育再生分科会」(第2分科会)で、「塾の禁止」を繰り返し主張していることが、同会議のホームページに掲載された議事要旨でわかった』
2001年にノーベル化学賞を受賞した野依氏、どうやら金属触媒をいじくる時に発揮される至高の才気は、教育問題では発揮されないようですね。まあ専門外だから当たり前か。私がここで論を尽くしていうまでもなく、今の教育において塾が果たしている役割に鑑みて、「塾禁止」なる改革は不可能というものです。ですが、いや、私は野依氏が教育の現場、特に公立小中学の授業の実態を知らないことを責めるわけではないのです。これは以下私のコメントを見るモニタの前のあなた方にも前提として知っておいてほしいのですが、こうして上から改革しようという際には、現場を知っている人たちだけが集まっても意味がないんです。現場がうまくいっていないことが問題であるのに、解決策が現場偏重になるから。こういう場合は現場を熟知する者だけが改革しようとするのはトータルとして却って有害でして、むしろこの野依氏のように、現場を知らないけれど管理的立場にあり、かつ権威ある人がいた方がいいのです。そしてもちろん現場を熟知するたたき上げの人も揃えた上で、改革案を策定するわけです。現場の声もある程度反映し、しかし現場だけを偏重せずに管理という観点から従来の現場を引き締め統率し、そして権威ある人のおかげで上から押し付けようという改革案にある程度のハクがつくから。そういう人選なんでしょこれ? 現場バリバリの元ヤンキー教師義家弘介氏は「教育現場の荒廃を何とかしなきゃ」派、劇団四季総元締の浅利慶太氏はそのクリエイティブな仕事柄少し現場寄り、「子供は学力だけじゃなく情操も重要だよ」派、JR東海会長の葛西敬之氏はJR東海、トヨタ自動車、中部電力が設立した海陽学園副理事長でもあり、現場を少し知ってる管理者として「学力も常識もビジネスもがんばろう」派、という感じ? まあ華々しい経歴をお持ちの皆様方が集まっておられるわけで、いろんな立場からの意見が集まりそうですが、まあ最後は官僚(事務局)がきっちり管理的に仕上げてくるんでしょう。浅利慶太氏なんかは既に文句たらたらですが、そりゃその浅利氏が文句を垂れている朝日新聞の記事にもあるとおり、
『大半の委員が賛同した「教員の量の確保」も「予算の裏付けがない」と事務局が難色を示した・・・ 事務局は・・・ 「立派な作文をしても、実現しなくては意味がない」とかたくなだった』
とね、こういうのは、限られた予算も含め、行政サイドの決裁を通さなきゃどうしようもないわけで、ドラスティックな意見をかき集めても決裁が通らない、なんて案を役人が仕上げるわけにはいかないでしょう。こうして吸い上げられた意見は、徐々に薄まって、まあそれでもそれなりに改革の要素を含んだものとして法律になるわけです。いやあ法律が作られる過程を見るのはとても楽しいね。

『議事要旨によると、野依氏は「塾はできない子が行くためには必要だが、普通以上の子供は塾禁止にすべきだ。公教育を再生させる代わりに塾禁止とする」と再三にわたって強調。「昔できたことがなぜ今できないのか。我々は塾に行かずにやってきた。塾の商業政策に乗っているのではないか」と訴えた』
この記事で言う議事要旨、えーとこちらのページに公開されてるものを見ましたが、この発言がされた「放課後子どもプラン」の議題のところ、こういう現場を知らない権威者たる野依氏に対抗すべき現場バリバリなはずの義家氏の発言が少ないこと少ないこと。どうも義家氏は塾というものに興味がないのでしょうかね。子供の出席停止なんかでは結構がんばって発言しているのに、ここでは会議の席に存在しているかどうかもわからんですよ。塾禁止に賛成なんじゃないかと思うほどです。代わりに対抗しているのが先に挙げた葛西氏と、東京大学総長小宮山氏。義家氏、自らぶち当たってきた「不良」「暴力」周りでしか発言せずに、学校のまさに本分である「学力」という点ですっかり影が薄くなる、こういうところは、まだまだ力不足というか、経験不足というか、あれだけテレビで吼えているのにがっかりというか。いやまあしょうがないよね。義家氏はそもそもが教職に就いていたのはたった6年間、そのうちクラスを担任したのは3年間というキャリアの短さですから。私の経験からはっきり言いますが、1業種に6年なんてまだまだひよっこですよ。10年やってようやっと何とか一人前、てな感じですよ。さらに彼は、あくまでも校内暴力対策としての技能に注目されているわけで、学力向上の専門家ではない。そして何たって、野依氏はノーベル賞受賞者の大先生で御年68歳、旧国鉄改革のドンでもある葛西氏は66歳、日本一の大学のトップである小宮山氏は62歳、対してテレビ出演を期にブレイクした元教師の義家氏はたった35歳、こりゃ非公開の会議という場では、積み重ねてきた年輪がまとう空気からして相手になりませんよ。ついでに言っておきますと、野依氏は灘中→灘高→東大、小宮山氏は戸山→東大、葛西氏は東大、浅利氏は慶応、義家氏は明治学院大学という学歴でございます。肩書でも学歴でも年輪という経験でもかなり厳しいハンデを抱えての教育会議担当室長という重責、「よくやっている」と言うべきか、「場違いじゃね?」というべきか。安倍首相もなかなか酷な役回りを背負わせますよね。きっと毎日胃が痛いんじゃなかろうかと思いますよ。

で、新聞記事における特定の発言の抜き出しは記者の主観が大いに寄与していることは周知の事実であり、ニュースサイトとしては元ネタの議事録に当たるのは当たり前ということで、読み込んでみました。その議事録の流れですが、「放課後子どもプラン」という地域ぐるみで子供を集めて催し、例えば地域のお祭りとか演劇、コーラス、写生、自然体験、ボランティアとかに参加させるという、実にもう何ともげんなりわはーな話ですが、委員の皆様はこれにいたくご執心のご様子で、ぜひともやるべき、という野依氏が、件の発言「塾を禁止にして」と言ったわけです。要は、塾に行く時間をこの「放課後子どもプラン」に割けというわけですね。そこをちょっと会話形式にしてみました。なお、普通の議事録は各自ここのpdfをダウンロードして読んでください。以下、私の主観が無茶苦茶入りまくった会話となります。議事録を見て、私が読み取ったその場の流れ、発言者の意図を強調するためです。さらに言うならば、実際の会議で行われた各氏の発言の意図は、朝日新聞の記事ににじみ出るものとは違うのではないか、という疑念を表現するためです。

葛西:あのさ、この子どもプランってさ、子供が自由に遊ぶ時間なくなるんじゃね?
首相補佐官:あ、それ参加自由っす。遊びたいコだけ遊ぶって感じで。
野依:いやいやこれはやらないといけないよゴホン。塾なんぞ禁止。子どもプラン大事。出来ない子だけ塾に行けばいいのじゃよ。
葛西:ちょ、塾禁止というより公教育の再生が順番として普通じゃないすか?
野依:わしの時代はみんな塾なんぞ行かんかったもんだ。昔にできたのだから、今でもできるじゃろ? 大学だって今や全入の時代じゃ。簡単じゃよ。塾のカネ儲けにみんな乗りすぎなんじゃよ。
葛西:えー、日本の教育で塾なしじゃ無理ですって。
野依:それは学校でやればいいんじゃ。学校再生、塾禁止。これで一件落着じゃ。
事務局:はわわわ… た、確かにまあ、公教育が再生されれば塾は競争力を失うと思うかもですけど… でもやっぱり再生が先にあるんじゃ…
陰山:むしろ勉強のやり方が問題なんじゃないかしら? 学校に行って、塾にも行って、そんで学力が下がってるってどういうこと、って思うわよ。
野依:それは文化力の低下というものじゃよ。算数や数学だけやっても力がつくものでもないのじゃ。だからこそ、この子どもプランは重要なのじゃよ。
葛西:あの、学力の低下と言ってもなかなか、ほら、昔とは分野も色々違ってるし、明確に学力が落ちたって言えないんじゃ… あ、でも国語力は落ちてるな。
陰山:もう少し勉強とか生活習慣とかのアンケートを取ったりして、データを集めてから改めて、としたらどうかしら?
葛西:いやいや朝ごはん食ってよく寝るのは大事ってもうわかってますって。それとこの学力の話は別なんじゃないすか?
野依:わしのころはな、部活やって、一息ついて、メシ食って、それから勉強をしてたんじゃよ。塾なんぞなかったわい。
小野:あのねあのね、あたしはね、受験のテクニックばかり教えたから学力が落ちたんだ、って思うんだお! それとねそれとね、昔よりもおべんきょする範囲がいっぱいになったからなの!
小宮山:うむ。確実に言えるのは、抑える教育は断じてけしからんということだな。伸びる子供には難しいことをどしどしさせるべきだ。
中嶋:まあ、ほら、野依先生のおっしゃるような「塾禁止」というようなビッグな提言も必要ってことで!
小野:あのねあのね、あたし聞いたことあるんだけど、お隣の韓国では塾禁止だった時もあったんだお? もう今はやめちゃったみたいなんだけど…
事務局:はうう… た、例えばですけど、入試をやめて卒業試験にすれば塾は要らなくなるかもですけど… でもやっぱり塾禁止は先ではないんじゃないかと…


なお、各発言者の口調、性別、年齢等各設定はすべてフィクションです。え、それを先に書け? こりゃまた失礼いたしました。

でも、こういう流れであればわかりやすい。野依氏は、別に塾に恨みがあってこういう発現をしたわけではないのです。放課後に子供たちが地域社会で集まるというプランを、子供の人格情操形成の見地からことのほか重要視し、そのための時間確保として実際に障害となっている「塾」というものを除外するため、このような発言を行った、ということが如実にわかります。さらに、野依氏以外の各氏の発言は、ちょっとそれは行き過ぎではないか、という配慮の元になされていることも如実に分かります。標題の朝日新聞の記事は、どうもそこらへんを意図的に排除し、野依氏の「塾禁止」発言だけを一人歩きさせようという意図が感じられます。確かに「塾禁止」は極論とも言えますが、何もなくただそういったわけではない。さらに言えば、この朝日新聞の記事にある、
『事務局側は「公教育が再生されれば、自然と塾は競争力を失っていく。結果的になくなる」と同調、国際教養大学長の中嶋嶺雄氏も「野依座長のおっしゃったように塾禁止ぐらいの大きな提言をやらないと」と野依氏に賛同するなど』
という下りは、私の見方からすれば的外れ、事務局は、塾禁止は行き過ぎであるというスタンスを貫いているし、中嶋氏も、会議としての独自性を出すべく大胆な提言も必要、という趣旨で発言しただけであり、とても野依氏に諸手を上げて賛成しているとは見えません。新聞記事の発言抜き出しはこれだから困るね。何を考えてこういう記事になったのか、安倍政権に少しでもダメージを与えたいと思ったのか、目的ははっきりしませんが、もし安倍政権への一刺しを行うためにこの会議を使うのであれば、以上に挙げた下りよりもう少し後、野依氏が会議の流れに必ずしも適当とはいえないタイミングで挟み込んだ発言、

野依:人間の能力は違う。努力しても、できないものはできない。適性がある。

というところに絡めてやればよかったように思います。ただ、私はこの発言には、まさにそのとおりと頷くわけですけども。人間向き不向きが現実にあって、無理なもんはやっぱり無理ですよ、ほんとに。

まあ以上長々と書いてきましたが、この会議が役に立つかどうか、まあ革新的な改革案は事務局の意向もあり出てこなさそうな雰囲気ですが、少しでも現状から前に進めれば、それでいいようにも思うのです。私が今、新人を教育する立場にあって思うのは、むしろ、暗記偏重でも何でも謗りを受けようが、とにかく事務処理能力の落ちっぷりは深刻だと思いますので、一握りの天才、芸術やスポーツの才能がある人たちは別世界でつぶさずにして、我々凡人には日常生活ではなく仕事レベルで通用する事務処理能力を養ってほしいもんだ、ということです。とにかく大量の書類をきっちり時間内に処理する能力があれば、少しくらい忍耐が足りなくたって文句は言いませんよ。次々に押し寄せる情報とメールと書類を次々に判断して処理して回す、これが出来ないとほんと役に立たない。日本の就職で学歴が指標となっているのは、難易度の高い大学に入った人は受験という「勉強量」と「制限時間」そして「解答用紙に吐き出した結果の確実性」がものを言う世界を勝ち抜いてきた人たちであり、大量の勉強が出来る=事務処理能力が高い、つまりその事務処理能力に一定の裏づけがあるからだと言っても過言ではないわけであって、そういう見地からすれば受験地獄万歳なんですよ。大学に入りにくけりゃその中で切磋琢磨する受験生の事務処理能力は磨かれていきますからね。まあ本サイトを中高生が見ているとは考えにくいんですが、もしこのコメントを辛抱強く最後まで読んだ中高生がいるならば、その点を十分に認識して、さらに辛抱強く勉強することをお勧めしますよ。勉強が出来るからといって必ずしも優秀な人間とは判断されないかもしれませんが、勉強すら出来ないのは論外という判断は現にまかり通っているのですから、この社会では。
2006年 12月 23日 (土)

カキ受難、怒る漁民 ノロウイルス風評で価格暴落 朝日新聞 [12:08] 
  『ノロウイルス流行による風評被害がカキ産地を直撃している。カキが原因とみられる集団感染は1件にとどまるのに、買い控えによる価格暴落で、宮城県では21日、丸一日出荷が止まった・・・ ただ、悪評を食い止める即効薬はなく、「もう正月さ迎いられねぇ……」(宮城県石巻市の生産者)と浜の表情は暗い』
宮城県さん、言いたいことは分かる。苦境に瀕していることは十分に分かるんだが、まずあんたんとこ2002年に産地偽装してたやん。韓国産のカキを宮城県産として出荷してたやん。しかもちょうど2001年か2002年に韓国産のカキで赤痢流行とかしてたよね。今年も産地偽装は許さないとして対策のニュースが流れたけど、詰まるところ4年経ってもまだ解決してないってことでしょうに。そこらへんきっちりカタつけてからがんばってほしいもんですわ。まあ産地偽装は宮城県に限った話じゃないけどさ。

『厚労省が行った緊急調査では、11月以降、ノロウイルスが原因の食中毒は213件で、患者は9650人。発生件数は昨年同期の4倍、患者数は5倍以上となっている。カキが犯人とみられるのは、19日の東京都の例だけ。国立感染症研究所の松野重夫主任研究官は「今年の流行の原因はカキではあり得ない。生産地の安全管理は進んでおり、消費者が過敏になる必要はない」と語る』
ともあれ、この記事にもあるとおり、今回のノロウィルス騒動がカキが原因とは決まったわけでもないのに、カキ=ノロとなってるのは厚労省の手回しの拙さってところもあるだろうね。私に限っては、このクソ忙しい12月の2週間で精力増強と称して寿司屋や居酒屋果てはスーパーで生カキとカキフライを10回くらい食いまくりましたが、ちっとも中りませんでしたよ。らっきー。つかさ、そもそもが、この季節にカキに限らず貝を食うということ自体が、ウィルスの他にも貝毒という激烈なリスクを内包する行為なわけで、ある程度の覚悟を持って貝を食った方がいいんじゃないかと。生が怖いから加熱して、なんていう覚悟じゃない。素直に中る覚悟を持つのです。だいたいがさ、加熱したって言っても、ウィルスが死滅するらしい85度1分ちょい程度に中心部分まできっちり加熱されている保証なんてどこにもない。どこだかの情報番組で、カキフライは揚げる前にちょっとゆでると揚げてる時に中心まできっちり85度に達するとあったらしいけど、つまりは普通に揚げてちゃそこまで行かない可能性もあると言うことじゃないか。鍋にしたって、カキがぷっくり膨らんだ時点が一番うまいわけだけど、それはジューシー=明らかに生煮えなわけで、本当に加熱したとするためにはカキがしぼんでおいしくなくなるまで煮立てなきゃダメでしょう。他にも、そもそも加熱調理前に生の状態からウィルスが飛び散っているかもしれない。十分に加熱したけど生の剥き身を触ってた手で盛り付けしてるかもしれない。もうね、怖いなら食わない。食うなら自分の体調と環境を考えて覚悟完了。自分は大丈夫でも子供老人は大丈夫じゃないからね。それしかない。私は貝に目がなくて年中覚悟しっぱなし、以前どこだかの居酒屋で食ったホッキの貝毒にきっちり中って全身蕁麻疹、かゆくてかゆくて身体中から熱が出てもうたまりませんでしたが、治ったらすぐに禊ぎは終わったとか言って寿司屋で生ホッキ食ったのはいい思い出。いやーホッキは生に限るぜ。

しかし、これだけ風評が回っててもちっとも値段が安くならないのな。スーパーで見ても例年とそんなに変わらず、つまらないったらありゃしない。中間業者や飲食店が利益確保のためにそう簡単に下げないってことか。安くなったらちょっとオイスターバーでも行ってみたいんだけどなぁ。いつもなら行列のところも、もしかしたら予約なしで入れるかもしらん。あーいやしかしそろそろコミケだからここで中ると年末後悔してもし切れないことになるな。さすがに自粛しよう。コミケが理由ですが何ら問題ありませんよね。

まあ、今訊いたらヨメが生協かなんかでカキ買ってたらしいので、自粛宣言しておいてなんですがすぐに自粛が破れるというオチ。うーんうーんさすがにそろそろ運も尽きるかもしらんよね。でもカキもハマグリもホッキもホタテもアカガイもタイラガイもミルガイも大好きなんだよ。二枚貝ばんざーい。
2006年 12月 22日 (金)

マクドナルドが「メガマック」発売 ビーフが4枚も Business i [09:14] 
  『日本マクドナルドは20日、主力商品「ビッグマック」の2倍となるビーフが4枚入った「メガマック」を、期間限定で発売すると発表した。価格はビッグマックより70円高い350円。来年1月12日から2月4日まで販売する』
ああ、アメリカとかでは出てたみたいだけど、とうとう本当に日本でも発売されちゃったよ。マック多重バーガーを語る時は外せないあの有名なゼッタ・マックやヨッタ・マックのサイトはもう消えちゃったけど、それをサルベージして保管しているところがあったのでとりあえずリンク。いつ見てもすげぇぜ肉16枚のヨッタ・マック。で、これを超えた肉18枚、20枚、22枚までやってのけたサイトもありましたのでリンク。肉22枚て。実に「壮観」という言葉が当てはまるはずなのに、何だってこんな… ちなみにYotta(ヨッタ)の次の単位がこのページでも書かれていませんが、我々が扱うデータ容量が加速度的に増加している昨今、Yottaの次はHarpi(ハーピ)が10の27乗、そしてその次はGrouchi(グルーチ)が10の30乗として用意されているそうです。肉18枚はハーピ・マック、肉20枚はグルーチ・マックですね。つかメガバイトテラバイトならまだしも「俺のハードディスクがとうとう2グルーチバイト行ったぜ」とか何かいまいち感が。そして更なる拡張に備えて、Zeppi(ゼッピ)が10の33乗、Gummi(グミ)が10の36乗、Chici(チキ)が10の39乗となっているそうです。肉22枚はゼッピ・マックということになります。何か腹下しそうな名前だな。

ここまで引っ張っておきながら、マクドナルドで肉4枚を食べるなら、普通のハンバーガー80円×4=320円でメガマック350円より安くて更にパンが5枚とピクルスが2〜4片ほど余計に食えるというオチ。メガマックよりハンバーガーの方がよほど食いやすそうだし。ちなみにメガマック1個で754キロカロリー、体重60kgの人が190分ほど普通に歩けば消費できますので、お買い求めの際には、家から6.5kmほど離れたマクドナルドの店舗をウェブで探して徒歩で往復するとカロリーの心配もございません。つか売れるのかよこれ。

































MailTo:BlackAsh Admin
© 2001-2003, BlackAsh, All rights reserved
Since 01/08/26 Printed in Japan