ADMIN

- BlackAsh News!! -

過去ログ
2001 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 21                        
2002 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2003 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2004 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2005 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2006 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2007 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2008 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2009 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2010 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2011 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2012 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2013 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2014 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2015 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2016 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2017                                  1 01 11 21



BlackAsh News!! 新着順 - 11月 11〜 -
2009年 11月 20日 (金)

ボジョレー・ヌーヴォー 毎年「今年は最高!」の怪 アメーバニュース [14:18] 
  今年もボジョレ・ヌーボーの解禁と相成りまして、以前のようなブームはないものの、ワインもそれなりに嗜む私としては、まあ初鰹的な感じでこれを飲まないとどうもすっきりしません。とりあえず昨日さらっとイベントを片付けてまいりました。今年はですね…

『毎年のように盛り上がるこのボジョレー騒動で、「今年のボジョレーはダメ」という評価を見た記憶がない。それどころか毎年のように「今年のボジョレーは最高!」という評価ばかり目にしているような気がする』
まあそりゃね。ワインというものは普通何年も熟成させなければカネにならず、熟成期間は絶えず在庫リスクが付きまとうわけです。樽から瓶に詰めてもブショネったりしたら台無し。その中でヌーボーは、ワイン醸造所にとっては貴重な即キャッシュになる品物ですから、売れないと困るわけです。そんなことは十分わかってますし、むしろそれを楽しみたいところですね。標題リンク先ではここ15年の謳い文句がずらり。2000年代から抜粋してみると

00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」


いったいどの年がいいのか一見してわかりかねて苦笑いしきり。まあ記憶では2003年はよかったですね。そして今年は何と、

09年「『並外れた年』と言われた03年と05年をも越えるであろう」

と、100年に1度の出来という2003年超えを果たしております。ほんとかなあ、ということで飲んできたわけですが、今年は確かにどの価格帯のものを飲んでもそこそこしっかりしていますね。果実味が例年より深くて、まあややマイナーな醸造所のを選んでいたのでそこの作り方だったのかもしれませんが、渋みが少し強めでした。その代わり、ということになるのか、青臭さやフレッシュ感は弱く、ヌーボーというラベルにはややそぐわない感もありました。そこらへんのコンビニとかで売ってるのはまだ飲んでないのでわかりませんが、まあ全般的に悪くはないんじゃないかと。

ここで、しばしば言われるのは「ボジョレ・ヌーボーなんて有り難がるのは日本人だけ」「ボジョレ・ヌーボーよりチリの安ワインの方が」などですが、そんなことより、このストレスフルな世の中で季節感くらいは忘れずにいたいなあと思う次第。和食でも秋物をたくさんいただいていることですし、ね。また「フランスでは1000円以下」と言いますが、んじゃフランスに飲みに行くか、となるとちょっと残念ながら1000円では済まないっつーかそもそもそんな時間がないので、航空便で高くつこうが日本で飲むしかないのです。つか今年安くね? 仕入れをいろいろ聞いたけど何か今年はわーいなお値段ばかりでしたよ。

まあ、こういうのも含めていろいろなものを飲みたいわけで、例えばリヴザルト1929年の残り方や、はたまた1960年代キャンティの熟女どころか衰えまくって老境を迎えるワインの味も、私にとってはひときわ楽しい記憶なのです。いやあれは面白かった。普通の店じゃ「盛りを迎えるワイン」しか出てきませんから、貴重な経験をさせてもらいました。

今年も、もう少しで、楽しい楽しい冬が始まるのですねえ。
2009年 11月 16日 (月)

【エリザベス女王杯】クィーンスプマンテ大逃げV、ブエナビスタ3着 サンケイスポーツ [04:19] 
  荒れるエリザベス女王杯、今年はクソぶっちぎった大逃げが見られてすごく楽しかったです。第4コーナーを回って20馬身差てw いやー、大逃げってロマンですよね。そりゃゴール直前の差し切りも美しいですが、最後の逆噴射馬群沈みを覚悟で大逃げを打ってそれが成功した時の爽快感たるや。やっぱこんなレースを見ちゃうと、過去の大逃げレースを見たくなりますよね? よね?

2009年エリザベス女王杯
まずは標題のエ女王杯。たまりませんねこの逃げっぷり。ブエナのアンカツ曰く「直線で前が空いた時に前を見たらずっと前に2頭いてもうダメだと…」とのこと。各騎手の談話も、もはや手がつけられないと言うほかない様子。

1992年有馬記念
トウカイテイオー、ナイスネイチャ、ライスシャワーなどなど、何という豪華メンバー。そこをダイタクヘリオスとメジロパーマーがぶっちぎり、最後パーマーがまさかの二枚腰をかましてぎりぎりの逃げ切り。強かったなあこのパーマー。

1998年京都大賞典
セイウンスカイが気持ちいい20馬身の大逃げを打って、しかしさすがに猛者が揃う京都大賞典では通用せず、第3コーナーで捕まって馬群に… と思いきや! あの大逃げを打って直線この伸びはあり得ない。すさまじい切れ味、横山典弘の芸術をどうぞご覧ください。

1993年オールカマー
大逃げといえば僕らのツインターボだ! 何も考える必要がない、とにかく徹頭徹尾気持ちよすぎるクソ逃げを毎回かましてくれました。最後はターボ逆噴射で馬群に沈むのが普段の彼だったのですが、この時はまさかの逆噴射装置故障のお知らせが。いやーツインターボの逃げはほんとロマンだよね…

1980年天皇賞秋
そして最後はこちら、史上最高の大逃げと言っていいでしょう。11頭立て8番人気、ちっとも注目されていなかったプリテイキャストが権威ある天皇賞秋3200mの舞台で空前の大逃げ、まさかまさかの向正面で70m近い差をつけて、盛山節の「絶対に届かない!」の名実況を生み出してぶっちぎったままゴールイン。プリテイキャストはこれ一発で終わってしまったけれど、鮮烈なこの逃げっぷりは記憶にしっかりと刻まれています。

































MailTo:BlackAsh Admin
© 2001-2003, BlackAsh, All rights reserved
Since 01/08/26 Printed in Japan