ADMIN

- BlackAsh News!! -

過去ログ
2001 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 21                        
2002 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2003 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2004 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2005 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2006 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2007 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2008 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2009 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2010 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2011 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2012 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2013 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2014 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2015 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2016 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2017 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21
2018 12 01 11 21 11 01 11 21 10 01 11 21 9 01 11 21 8 01 11 21 7 01 11 21 6 01 11 21 5 01 11 21 4 01 11 21 3 01 11 21 2 01 11 21 1 01 11 21



BlackAsh News!! 新着順 - 12月 21〜 -
2018年 12月 30日 (日)

C95御礼 [18:21] 
  寒波に負けず当サイトブースにおいでくださった皆さま、本当にありがとうございました。今年は去年のガス欠の失敗を繰り返すまいと補給体制を万全に整え、かなり体力を維持することができました。また、人手も多くおかげさまで盛況でして、ゴトウさんの5連泊による渾身の筆が報われたものでありました。厚く御礼申し上げます。何とBlackと握手までしてくださった方までいらっしゃいまして、いやあ何も気の利いた返しが出来なくてキョドってしまいました。いつも当サイトをご覧くださいまして重ね重ねありがとうございます。来年こそは、と毎年書いているような気がしますが、もう少しまともに更新したいと思います。。。
今回は初日単独行にてufotable、ANIPLEXと地獄を潜り抜け、2日目サークル参加と来て明日3日目もがんばってみるつもりです。フル参戦は久し振りですかね。今日は何とかして寝ないといけません。だから今日買った本読んじゃダメだ。ダメだったら。わかったなあああまた明日会場で会いましょう。
2018年 12月 24日 (月)

C95告知 [21:21] 
  C95新作、この告知文を物す前に、前回は何を書いていたのかなと参考までに前回の告知を見直したのです。そうしたら『毎回コミケ告知で仕事による体調悪化を報告しているので、次の参加の際には絶対に「その他」のことを書こうと、今書いてきたことを見返して決意しました』などと書いているのです。今回も史上空前の阿鼻叫喚のことをつらつらと書こうとしていた私は今ここに唖然としております。阿鼻叫喚以外のその他のことなんてなかった。今回は私に加えて一流ホームページのゴトウさんも完全に私以上の激務に悶絶しておりまして、この入稿作業のために私の家に5連泊したその模様をリアルタイム実況風にメモしておいたのに、前回の告知文を書いた私に言いたい。そりゃあんまりだ。書くネタがなくなってしまったじゃないですか。仕事で帰れない上にこの本のためにさらに帰れないゴトウさんのために少しでも野菜を取ってもらおうと、一生懸命野菜たっぷりとんこつ鶏モツ鍋を作っていた私の模様くらいしか書くことがないじゃないですか。前回の私は、どうせそんなことはないだろうと思って『まあ次の告知の時にはアラフォーがさらに上に進行しているわけで、私の記憶が「その他」のことを一切合財忘れ去っているかもしれませんが、その時は「ああこいつはとうとう老人になったのだ」と哀れんでやってください』などといけしゃあしゃあと書いていたようですが、1年後の今ここに「その他」のことを一切合財忘れ去ってしまった私がいます。ひとつ年を取って老人になってしまった私がいます。
えーと、その、もういいです作品の紹介に入ります。今回は、いつもの和歌と東方のマッチングではありますが、やや特殊な作り方をしました。和歌の中でも「連歌」という作品形式に着目したのです。連歌とは、和歌の韻律つまり五七五七七の調子を基盤として多人数による連作で繋げていく詩の形式です。具体的には「五七五」をある人が詠んだ後に別の人が「七七」を詠んで前の「五七五」の句に付け、それを受けてまた別の人が「五七五」を詠んで前の「七七」の句に付けるという流れです。前の人が詠んだ句に別の人が新たな句を付けてどんどん続けていき、それを一定数、基本的には百句でひとつの連歌の作品とすることとなります。詳細はこの本の解題に記載しましたが、連歌は「多人数による連作」という形式の必然として、前の人が詠んだ句に自分の句を合わせてきちんと歌を成立させるという一体性に加えて、前の人が詠んだ句の着想とは異なる着想の句を付けて新たな場面展開を図るという展開性を重視します。逆に言えば、前の句と同じ着想の句は、いかに五七五七七のひとまとまりとして一体性があっても、場面が循環するので嫌われる傾向があるのです。そのために、用語や着想の連続使用禁止などについて厳しいルール「式目」が規定され、参加者はそのルールを踏まえて作品を作り上げていくこととなります。
このような「展開性」を重視する連歌の世界は、ちょうど新作が出るたびにそのストーリーが既存の作品と繋がり、また新たに登場したキャラが既存のキャラと結びついて展開していく東方Projectの世界に似ているのではないか。そう思って、連歌と東方を合わせてみたのです。ベースとした連歌は、連歌作品の中でも最高峰として著名な「水無瀬三吟百韻」(宗祇・肖柏・宗長)。これに、この本のために登場キャラの重複制限など独自の「式目」を設定し、東方に出てくるキャラクターを繋げてみました。
上で述べましたように、今回は余りにも日程に余裕がなく、入稿後「今回はほんとつらかった」とこぼしたゴトウさんには、もはやいったいどこを向けて寝たらいいのかわかりません。本当にありがとうございました。そして印刷所のねこのしっぽ様にては、初めての特急入稿に直前のページ増加とばたばたなものを丁寧に処理してくださいましてありがとうございました。今後とも何卒お願い申し上げます。
ベースとした「水無瀬三吟百韻」はその名のとおり百句詠まれていますので前回の四季シリーズに続いて今回も続刊を前提、まずは大まかな連歌の解説に「東方連歌集式目」も収めた一巻目が完成いたしました。連歌の持つ「一体性」そして「展開性」を私の文章とゴトウさんの絵で表現することができているか。東方Projectから選んだ各キャラに水無瀬三吟の連歌の情景を合わせ、カップリングのSSとイラストをはさんだカップリング和歌集に、連歌の解説、式目を収録した和歌集・解説本。いつものとおり300円で頒布いたします。とらのあなさんへの委託もございます。

東方連歌集壱

表紙 見本

コミックマーケット95二日目(12月30日)モ23aにて頒布(60部くらい)
予定頒布価格:300円

直近の既刊『東方春歌集』『東方夏歌集』『東方秋歌集』『東方冬歌集』のほか、『東方恋歌集弐』『東方恋歌集参』『東方恋歌読本』『東方哀歌集』『東方恋歌読本弐』『東方景歌集』、絵本『東方童話 〜 みこのすてきないちにち』マザーグース『東方MOTHERGOOSE』も各5〜10部弱を持込予定。なお和歌系の『東方艶歌集』『東方季歌集』『秘封想歌集』、漢詩『東方山水集』はほぼございません。ご了承くださいませ。

今年はもう疲れ切りました。もう私は年内閉店を志しまして、PCに向かうのはサークルチェックの時だけとしゃれこみたいところ。しかしながら明日クリスマスだというのに大きな会議がございまして、そのための資料作成がまだ終わっておりませんああああああああなんで日曜日ぐったり倒れてしまったんだそこで頑張っておけばこれから何もせずに初日企業ブースチェックとか出来たはずなのに。もうすぐ本日2回目の洗濯も終わります。そうしたらごはんを炊いて、まあ季節モノということでチキンを食べてワインを飲みつつ資料の最終チェックに取り掛かり、そして明日会議が終わったら上司に本年の閉店を宣言し、残りの時間をすべてエクセルをいじっているように見せかけたサークルチェックに勤しむこととします。というわけで今年も年末は私Blackとビッグサイトで握手!

































MailTo:BlackAsh Admin
© 2001-2003, BlackAsh, All rights reserved
Since 01/08/26 Printed in Japan